FC2ブログ
Welcome to my blog

隊長 !? 次は何ですか ?

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その7

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その7

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その7とうに12時を過ぎていた、予定では着かなければいけない時間であるが一向に滝が姿を現さない。 地図を広げ確認するが場所の特定が出来ない、何箇所か同じような方向に流れている場所があるのだ。 ここから先はたどり着くまで進むことだけだ、もうじき着くはずなのだ。そして午後1時を過ぎた。 川が左へと曲がっている。足元に注意を払い歩いていると突然佐藤隊員が大きな声で私を呼んだ、...

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その6

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その6

ここで我々が向かっている幻の滝について少しふれて見ようと思う。 この滝をは八瀬滝とこの地域の人は言う。しかし近年、中学生が大人の人達に案内されて何度か行っているようである。記念誌にもその写真が掲載されている。又、タウン誌宮古わが町の滝の特集でも写真が掲載されていた。 ということは幻の滝ではないということになる。皆が見ていることになるのだから。 しかし、あの滝を見たものは二度と帰ってこない、という謂れ...

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その5

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その5

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その5我々が今日歩くことのできる時間は限られていた。 既に太陽は傾き始めていたのだ。 歩きながら野営できる場所を探すことにした。もしかしたら今日中に着くかもしれないという浅はかな考えはすでに消えうせていた。もう無理をする必要もなかった。それより明るいうちにテントを張り、夕食を作ることのほうがいいと判断した。 しかし、テントを設営できる場所が中々見つからない。幸いにも雨は...

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その4

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その4

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その4「高さ三十丈、淵の四周、凡そ三十間」。「西岸利刀を以て裁断せる如き絶壁、突コツたる奇岩、嵯峨たる怪石、その間を奔流し、岩に激し飛瀑石を打ちて玉と砕け、散じて雲霧となり、地底に入りては地震う、雄大豪石の気四辺に張りて幽遂脱俗の仙境なり」語り継がれる伝説の滝は果たして我々にその姿を見せてくれるのか。しばし休憩ののち歩き出す。休憩をあまりとりすぎることも、かといって疲...

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その3

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その3

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その3 (以前のブログになかった写真が多数おさめられています)我々の行く手には大きな岩が川を取り囲み、前に進むことを拒んでいた。 転ぼうものならすぐ大怪我をするような鋭利な岩が連なっていたのである。 私と息子は釣り用のウェダーに登山用のザック、しかし佐藤隊員の装備はゴム底の靴にジーンズ、ザックはキスリングの釣り用のザックであるという。 岩や山道を歩く場合、近年キスリング...