FC2ブログ
Welcome to my blog

隊長 !? 次は何ですか ?

スポンサーサイト
No image

スポンサーサイト

サーモンランドクラフト展のご案内

サーモンランドクラフト展のご案内

いよいよ、サーモンランドクラフト展2007が3日後にせまってまいりました。今年で3回目を迎えるサーモンランドクラフト展ですが、今回の出展者をご紹介いたします。工房 空(くう) 大森 翼 氏  木工芸手作業で削りだす器に漆塗り加工を施した作品を製作見どころは、削りだしと磨きの美、漆を施した木の美しさに引き込まれます。工房 陽(はる) 坂下 勉 氏  木工芸木工旋盤で作り出す器、お盆、こね鉢などの作品見どこ...

これもだめ?

これもだめ?

草原に白い雲、Windowsの壁紙みたいな風景の亀ヶ森です。ブラスティングアートがスランプかと思いきや、にわかに豆腐づくりにスランプが。先日、下水の工事で休んだせいで腕が鈍ったか。イメージどおりの豆腐が出来上がらないのであります。狂い出したら最後、豆を増やせど、にがりを増やせど、思ったように寄ってくれなくなった。何がどう変ったのか。しいて言えば気候の変わり目?そういえば、椎茸の植菌でドリルの連続使用のた...

亀ヶ森の春

亀ヶ森の春

亀ヶ森の除雪が終了したとの話を聞き、春を探しに昼休みにカメラを持ち出した。牧場への道路の除雪作業は市の農業課で行なっているらしいが、今年はいつになく雪が少ないと感じる。一本桜までの道のり、道路に雪がないのである。その影響かどうか、今年はどこの川にも魚がいないと聞く。田代だけではなかったのだ。木立の中に射し込む光をいっぱいに浴びて、新しい緑が輝く。標高1000メートル近いこのあたりにも、春はやってき...

あなたを大切にします。

あなたを大切にします。

あなたを大切にします。アイリスにはそんな花言葉がある。正倉院ブルーのキセグラスにアイリスの彫刻。二人でビールを注いで、軽く飲むひととき。言葉には出せないけれど、グラスにそんな気持ちを表現して見るのもありかな。被せが薄いだけに、色の重ねがとっても難しい。色が抜けないように、目を凝らしながら削り込みます。花嫁のウエディングドレスみたいなあの花の咲く季節は、もう少し先ですが一足早いアイリスの花なのでした...

南昌荘

南昌荘

盛岡の南昌荘でみやこ工芸の会のメンバーである、澤井工房の澤井正道氏が4月20日.21日.22日の3日間、作品展を行っている。過去、職業としてつちかった、かんざし職人の技、螺鈿、沈金、彫刻その匠の世界に魅了される展示である。澤井氏の持つその技と知識は工芸の会にも、多大な影響を与え、とりわけ木工の分野には大きなレベルの向上をもたらしている。今回の展示は帯留め、かんざしを中心の作品展、もちろん販売やっています。...

セカンドライフ

セカンドライフ

クラフト展作品第二段、被せガラス使用、紫陽花のタンブラーです。瑠璃色の外被せガラスをブラストしながら削りだしてゆくわけですが、なかなか加減が難しいのであります。下になる絵柄を削りすぎると、上を削るときに消えてしまう。この削り加減が難しい。エアーの加減と微妙なタッチ、脳が活性化されるのが実感できます。というよりも目を酷使しすぎるのであります。被せガラスというのは簡単に言うと、透明なガラスの上に色ガラ...

酒よ

酒よ

ようやく梅の花が八部咲き、あちらこちらに白や黄色や花が咲き始めるとやっぱり外に出て飲みたくなるわけですよ。桜色ならなおさらのこと、なぜかつくる作品にも桜が多いのは、そんな気持ちの表れなのでしょうか。早く仕事を一段落させて、友と山小屋や海辺、川べりでランタンの明かりを灯し、芋焼酎が飲みてぇなぁ。今年は早池峰縦走の計画もあったし、幻の滝を求めて第二段ということで頭には描いているのですが。そういえば渓流...

2007クラフト展その1

2007クラフト展その1

ゴールデンウィーク、みやこ工芸の会主催のサーモンランドクラフト展が開催されます。今年で3回目、シートピアなあどの体験室を会場に、展示販売と体験を行います。しかし、日々の忙しさに、本当は直前にならないとやる気の出ない性格だから?何しろ豆腐づくりと両立させつつ、作品を作っております。ということで、今日からできた作品を紹介しつつ、楽しい話題を提供できればなどと考えております。探検隊の皆様は早池峰山の山小...

山吹の雫

山吹の雫

膨らみ始めた山吹の芽を雨上がりの雫が優しくつつむ。ここのところずっと小雨模様の鍛冶ヶ沢です。今朝は雪など降ってました。やっぱ今年も水仙が雪をかぶってしまいました。この雨椎茸にとっては恵みの雨になりそうです。雨音を聞きながらガラスのデザインを考えていると、息子達から、テレビがほしいんだけどどんなのがいい、パソコンが壊れたんだけど安くて良いものがないかなぁ、などと電話が来る。最近、通販マニアになりつつ...

スランプ

スランプ

一昨年、植菌した椎茸がいよいよ出始めました。これが原木椎茸なのであります。豆腐やら椎茸やらメロンやら、そんなことをやっているうちに、肝心のブラスティングアート、クラフト展を目前にスランプに陥ったのであります。出せる作品ができないのであります。材料はあるが肝心のデザインが出てこない、もはやこもりっきりで、雑念をはらい、工芸家になりきるのみ。内心焦っております。爺さんはメロンやら桃やら消毒散布しており...

中山間の携帯活用

中山間の携帯活用

山の中に咲く猫柳の花、あのふさふさの毛からやがて黄色いおしべが出てくる。花言葉は素直、自由、気まま、俺の生き方のようで愛着が持てる花だ。努力が報われるともあるが、自由とか気ままな生き方に報われる努力なんかないのである。どちらかが違うのではないのだろうか?さて、この山間の村にも今年は携帯電話の中継アンテナがつくらしい。市で予算化したようだ。そういえば熊坂市長と携帯電話とブロードバンドを約束したことを...

尊敬

尊敬

ラッパ水仙が花をつけた。昨年のブログを見てみると、今年の方が1週間ぐらい早いかな。ちなみに花言葉は尊敬とか心遣いということらしい。昨年は咲いたすぐあとに雪が降ったとある。今日は椎茸の植菌をしていたら、雹が降ってくるしまつ。この時期の天候は非常に微妙である。毎日天候に左右されつつ、植菌作業は例年通り、私がドリルで穴あけ担当。さすがに穴あけの連続で右腕の筋肉にはりを感じるのであります。でも野球選手がよ...

第二回井戸端会議

第二回井戸端会議

2回目の唐臼の里、井戸端会議が開かれた。今回はこの鍛冶ヶ沢に、自分たちが作った野菜などをはじめとする旬のものを販売する場所をつくろうということで集まった。地元の人たちを中心に、美味しい食材を提供しようということである。それでは参加メンバーの紹介から、うえ(屋号です)のヨシオさん、おおやのタムロさん、したのショウさんとジュンコさん、たやのセイギさんとフクさん(たやのかあちゃんと呼んだりします)、いし...

春だ山だ海だ川だ、でもって畑だ
No image

春だ山だ海だ川だ、でもって畑だ

出崎産直のライブカメラの画像が見れるようになりました。ホームページで確認できますのでご覧下さい。まだやることはあるわけですが、少しずつやっていこうかと思います。何しろ忙しい時期ですからね。ちなみに動画ではありませんが、更新するたびにその時間の画像を見ることができますので役に立つかと思います。一方、メール配信の方は専門家の方々、大分苦労しているようで、その苦労お察し申し上げるしだいであります。さて、...

春の匂い

春の匂い

定植したメロンの覆いを剥がしていると、ウグイスのさえずりが汗ばんだ体に心地よく響き渡る。久しぶりの太陽はすがすがしく、鼻と目のかゆみさえなければ気持ちいい春なのだ。今日は、いよいよシートピアなあどの産直コーナーにライブカメラを設置してみようと思うのであるが、一昨日カメラとの通信は確認しているのであとはホームページにアップするよう設定すればいいはずなのだが、これがどうして初心者の私には手ごわかったり...

ルピナスの水玉

ルピナスの水玉

朝ウグイスの声にもうそんな季節かと耳を疑う。いつもよりウグイスが早くやってきたように思えたからだ。ようやく開花し始めた梅の花も足踏み状態、毎日みぞれまじりの雨が降り、暖冬がウソのように寒いのである。この時期の農家は忙しい、今年のすべてがここで決まるといっても過言ではないのである。雨上がりの朝、日当たりのいい場所でルピナスが葉を広げ水玉をかかえていた。ガラスのように透明な自然の美しさに思わずシャッタ...

はやて10号

はやて10号

いよいよハウスの中の畑に定植され、大きく育とうとするメロンの苗なのだ。まだまだ夜の寒さはきびしい鍛冶ヶ沢であるが期待は大きいのである。息子が昨日はやて10号で社会人として旅立っていった。メロン同様、広い土壌の中にこれから一人で根を張って生きていかねばならない。時の流れの早さは、目の前から走り去ってゆくはやてのように、あっという間に過ぎ去り、それが現実であったことさえも又、夢のごとく薄らいでゆく。この...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。