大豆のすすめ
AUG30-2.jpg


茶豆の実が入り始めました。ちょっと遅く種を蒔いたのですが何とか実になって欲しいものです。

私農業が本職かというとそうではなく、ガラス彫刻家かというとそれほどでもなく、豆腐屋かというとそうでもなく。

いつの間にか地域農業、農村の振興を図る普及事業パートナーとかいうことになったりして。就農に関するアンケートなど書く事になったりして。
いつの間にやら百姓にされつつあるわけで。

こんなに大豆植えちゃってこりゃ大変なことになったと後悔先に立たず。

ちなみにこのブログとともに地元を楽しく裕にと考え出して、色々と面白い生き方が見えてくる。こんな里山、中山間地ならではの面白さだ。

河北新報社でにっぽん開墾という特集があった。参考になるので引用させていただく。無許可なのでよくないことは承知だがPRを兼ねてということで勘弁していただきたい。

結城 中山間地のじいさんばあさんに「最近は大変でしょう」と話を振れば、「農業では食えない」とか「若者がいない」とか、質問に合わせた答えが返ってくる。それで「ムラは疲弊している」とまとめるのは単純すぎる。
 暮らしの楽しみについて聞くと、話が尽きない。1カ月近くゆったり過ごす湯治、お祭りや民俗芸能、山菜採りやキノコ採り…。気持ちにとてもゆとりがある。僕ら都市生活者は、楽しみをカネで買う社会に生きてきた。中山間地はそうではない。物差しが違う。

 姜 中山間地を見ていくと、都会では暮らしていけない所得水準でも豊かに生活できることに気付く。例えば東京で年収が200万円だと、生きていくのは大変だ。結婚して資産を蓄え、家を建てるのは難しい。
 都会には、階段を上がろうとしても可能性が絶たれている人が、かなりうずくまっている。日本は東京中心の階層社会になりつつあるが、そういう世界は人を生かさない。大都市に集まってくる若者が今後どんなライフサイクルを描けるか。僕は正直なところ、やや悲観的だ。

 赤坂 年間200万円の収入でも、それなりに楽しく生きる方法が中山間地にはあると、連載「ニッポン開墾」は示した。勝ち組になるのを望まない人たちが、負け組に転落もせずに生きていく道があることを再確認できたと思う。


 ―連載に登場した中山間地の人々を見ると、生き方の軸がとても多様だ。何かに反発するわけではなく、それぞれ自分流で無理なく生きている。

参考になる意見ではあると思う。しかし年収200万円?こりゃ少しぐらいやったってとれる金じゃないような気もするのであるが。
無理はしていないわけじゃない、しかし押し付けられた無理はしなくていいのだ。
とにかく楽しもうと思えば人生楽しめるのである。
そして何でもやろうと思えばできるのである。

毎日楽しい酒が飲めるのだ。

直売所も順調で地元の人中心に利用されている。朝晩集まってそこで会話が生まれる。結構楽しいものだ。
誰のためでもなく、年に関係なく、自分が今いちばん楽しいことが大事なのだ。
よく、私はもう年だからとか、若い人達に任せてとか、聞くのであるが、そのたびに、自分が楽しむことだと私は言う。誰のためでもないのだ。かといって人の為に何かしているわけじゃないんだから。

AUG30-1.jpg

この豆を一本ずつ引き抜くことを考えるとぞっとします。豆を抜き終える前に絶対腰が抜けるもんね。田んぼ6枚に植えちゃったもんナ。
【2007/08/30 21:56】 | 中山間地の農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気づくのはどっちだ
AUG29-1.jpg


アブラゼミが陽射しをさらに暑くする。
まだ夏が残っているようだ。

忙しさに大豆を植えっぱなしで放っておいたら、背丈ほどの草にうずもれていました。大豆畑を増やしたのはいいが手が回りません。
草取るというより、もはや草刈機で刈るのも困難な状態に。

この場所というのがマムシやヤマカガシの巣になっているわけで、おたがいに気が付かなければ命取りになることは間違いないのであります。

草むらを刈りながら進んでゆくと、案の定大きなマムシを発見、ゆっくりと目の前を進んでゆく。
奴も危険を察知して早めに動いたようだ。こっちは遅れて気づく。
ちょっと冷や汗がでる。奴に食われるか、こっちが首をちょん切るかどっちにしても望まぬ戦いである。

奴が逃げてくれたから何事もなくすんだが、大体同じところにマムシは出没する。他の蛇ほど場所を変えないのだ。

これは豆の収穫まで要注意である。

結構身近な人でもこいつにやられて病院へ駆け込む話を聞く。大概の病院に血清はあると聞くが、噛まれるとかなりつらいらしい。
ヤマカガシならおそらく助からないであろう。
スズメバチだってそうだ。こんな山の中じゃお互い早く気づくこと、気づかせることが大事なのである。

【2007/08/29 18:25】 | 中山間地の農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
足のかゆみに耐え切れず
AUG28-1.jpg


宮古市の産業まつりの出店が決まり、作品を作り始めた。
今年も昨年同様、田代の加工部会で豆腐ステーキの販売をやることに、一緒に隣でガラスも売れば私としても、管理が楽である。

体験コーナーの依頼もあったのだが、体一つじゃどうにもならなくてお断りすることにした。しかしこの体験教室について疑問がある。
今年も無料でやるということであった。
確かに無料で大勢の子供達に体験してもらうのはいいことだろう。

しかし我々はこれを仕事としてやっているのである。
講師料と材料費は確かにいただくわけだが、当の体験者はただでできるわけで、これはどうなんだろう。

ちなみこの夏、なあどで夏休み体験教室を開催した。当然体験料をいただいてである。しかしお客さんはほとんどこない、毎日一人ずつという状況であった。
担当者に聞くと、子ども会では料金が高いといわれるらしい。
そして、これでもいいほうだという。

まして、ただでやったら、ずっとただでやるしかなくなるのである。

それにただでできるものを後で金を出して買うだろうか。

工芸品を手がける人全般にいえるのである。
子供が興味を持つ前に我々がやめざるをえなくなるのである。

教育のあり方を間違えているのではないだろうか。
金を稼げないものに興味を持ってやってみようと思うのだろうか。

遊びの場、時間つぶしの場を提供しているだけではないのだろうか。
本気でやって初めてその良さが体験できるのである。

などと考えながら裸足で仕事をしていたら、窓があいていて蚊のえじきになってしまったのである。
足のかゆみはそれはもう大変で、足の裏はさらに始末が悪い。両足のかゆみに耐えつつ、桜のブラストを続けるのであった。



【2007/08/28 19:46】 | ブラスティング・アート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
親父の散髪2
AUG25-1.jpg

あれから2ヶ月近く、おかげで記録的な暑さの夏を乗り切ろうとしている親父なのであります。
毛も少しずつ伸び始め、部分的に若返ったような、なんともふかふかの毛なのであります。私もこの暑さに耐え切れず、散髪してきました。これで山にも登れる体制ができたのであります。

朝宮古に向かう途中の雄又の峠で、4人組みの少年と出会う。
中には上半身裸で自転車を押しているものもいた。宮古から上って来たらしい。

汗を流しつつ横一列に自転車を押している姿を見て、スタンド・バイ・ミーの映画を思い出した。
自分が小さかった頃やっぱりこんな冒険がしたくて、後に探検隊など結成するわけだが、なんともかわいらしく、思わずいいぞ、がんばれと応援したくなるのであります。

通りすがりに自転車のラッパを鳴らした。俺に挨拶してくれたわけだ。通り過ぎてから写真を撮ってあげればよかったと後悔した。

夏の陽射しと、緑と、少年たちの後ろ姿をサイドミラー越しに見つめ、いい気分に浸りながら宮古の床屋さんへと向かった。

行きつけの床屋さん、バイクを買ったそうで、そんな話やら、亀ヶ森に自転車でよく行っていた話しやらで盛り上がりつつ、親父と同じように白く短くなってゆくのでありました。


【2007/08/25 16:43】 | 親父はシェットランド | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思案の日々
AUG24-1.jpg

鍛治ヶ沢地区で設置した無人の直売所は、自販機ともに好調な売れ行きではあるが問題が出てきた。

売上金額が合わないのである。ほとんどの場合が足りないわけで、中には多い日もあるのだが要はお客さんのモラルというか、気持ちの部分に任せているわけで。かといって慈善事業ではないわけで。

地元で取れた野菜をその場で売るから安く設定しているのに、これでは生産者が泣いてしまうのであります。

なんかいい対策がないものかと思案しているのですが、決定打が出てこないんですよね。

たとえば地蔵さんをおいておくとか、監視カメラをるけるとかでもこんな田舎でカメラは気分悪いし、もっと心に訴える手段がないものかと。

なんかいい方法がないですかね。

【2007/08/24 12:28】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
隊員に告ぐ
AUG23-1.jpg

鬼百合。花を観賞するというよりもこの根(球根)を食べることが目的で畑によく植えられていた。

この花の隣でコスモスが花を咲かせはじめ、鍛治ヶ沢は秋の装いに変ってゆく。

さて、活動が休眠状態にあった探検隊もいよいよ活動を開始する。

日程が決まったのでこの場を借りて、隊員各位に休みの調整をお願いしたい。

10月6日(土)、7日(日)の2日間、もしくは月曜日までの3日間。

行く先や詳細については今はまだ発表を控える。

大体こういう類の企画はあまり前段階で盛り上がると、本番で崩れる場合が往々にしてあるわけで、楽しみに休みを取っておいて欲しいのである。

こういう話を持ち出すと、10月はテントは寒かろうとか、寝るときはホテルだとか年とともにどうも軟弱な言葉がでてくるわけで、ここは原点に返って本来の縄文人になりきろうではないか。

ハードな工程が無理なメンバーもいたりするので、ベースキャンプで酒盛りの準備でもしてもらおうかと。一昨年来の酒の疑問も解決せねばいけないのである。

AUG23-2.jpg
【2007/08/23 14:57】 | あぶない探検隊一時退却 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
探検隊よ準備はいいか。
AUG22-1.jpg

アピオスの花 別名ホドイモとかアメリカホドイモと呼ぶらしい。
このあたりではホドイモが一般的である。

土の中にできる芋を食べるわけですが若干甘みのある小さな芋なのだ。
ジャガイモの30倍ものカルシウム、鉄分4倍、ビタミンEも含まれるとか。
検索してみるといいことずくめの芋のようである。

残暑はあるもののめっきり朝夕が涼しくなり、いつしかセミの声がこおろぎの声に変ってきた。メロンのつるを片付けているとそちらこちらで顔を出す。

子供の頃このこおろぎのオスとメスをたくさん捕ってきたことがあり、家の中に逃げ出し、夜になると部屋中こおろぎの鳴き声になったことを思い出す。

心地いい季節へと変り、探検隊の活動の時期だなとウズウズしてくるわけで。
何かと忙しいメンバーではあるが、ここは一つ心身ともに世間のしがらみから解き放たれる時間が必要なのだ。

大自然につつまれ、飲むこと、食うこと、寝ること、これだけで充分なのである。ナイフがどうとか、ストーブがどうとか、色々うんちくをたれる奴もいるがそれは酒の肴、要はフィトンチッドを体に浴びながら、本来のあるべき姿に体を開放することが目的である。
当然同じ職場の人間はいないわけで、愚痴など不健全な会話など出るわけもなく、夢のような風景と知的な会話と美味い食い物と酔わせてくれる酒、至福のときなのであります。

AUG22-2.jpg

さあ、私たちの楽園で心も体もこのコスモスの花のように真っ白に洗い上げましょう。

【2007/08/22 10:35】 | あぶない探検隊一時退却 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
盆踊り
AUG15-1.jpg


鍛治ヶ沢で14年ぶりに盆踊りが復活した。
君田婦人部主催によるものであるが、直売所のあたりが又賑わいを見せた。

人口も減少しさびしかった村がひとときの活気を取り戻す。

村の若者達も集まり、子供たちの姿を見ていると、まだまだいろんなことがやれるんだ。そんな気がしてくる。

当然のことながら、私が音響を担当することとなる。炎天下のさなか、重い音響機材をセッティングし、また安請け合いをしてしまったな、と後悔しつつ汗をぬぐう、しかしその苦労が報われる気持ちのいい瞬間だ。

今回はこの盆踊りの為に、田代の演歌歌手、大神一氏の作詞による田代音頭が生で披露された。なかなかいい歌である。

この地元田代を何とかしよう、楽しい村のしよう、そういう人々の気持ちが伝わってくる。そしてこの古里に帰ってきた人達の思いもまた伝わってくるのである。

世代を超えて付き合える、そんな機会をもっとつくっていかなければと思ったりもするのである。夢を語り合える場所でもあるのだ。

AUG15-2.jpg

【2007/08/15 22:28】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
季節を眺める余裕もなく
AUG10-2.jpg


今年は全く季節を眺める余裕などない年である。
そのくせ酒を眺めるだけの余裕はどこかしらに必ず残してある。
いや、そういう機会に出くわすことが多いのだろうと思っている。
すべてはこうなる運命なのだ。

AUG10-1.jpg


昨日、出崎産直のホームページが完成し、その発表セレモニーが開催された。IT大作戦隊と名付けられたプロジェクトである。
離れて住む田舎の人こそが有効に使うべき、電子情報技術である。
たぶん組合員の多くは何をやっているのかわからないまま進んでいるのだが、我々の苦労がいつかは実り、こんなことをやってくれていたんだとわかってくれる日が遠い将来、来るであろうと事務局長と安堵の酒を交わす。

ホームページの大半の写真は私がとったものだが、一部農業普及という月刊誌より写真をお借りした。
快く利用を許可していただき、掲載することになったのであるが、中々こういうひとつひとつの権利的問題が何をするにも引っかかる世の中になってきた。
著作権だとか肖像権だとかそんなことを考えると、写真なんか使えなくなってくる。個人で楽しむだけならいい場合もある。逆に見せて犯罪になることもある。

これは切実な問題だったりして。でもさらに切実な問題は農業後継者である。見てのとおり年齢層が高いのである。
その点、我が作戦隊のくのいち部隊長は天晴れである。

そこで、今回発表はしていないが、産直組合による農業後継者出会い系サイトを開設してみるのも一つの案だと思っている。
都会と違って土地がいっぱい持てるし、ガーデニングだろうが、ビリーズブートキャンプだろうが思いっきりやれるのである。
田舎暮らしに憧れのあなた、ぜひ私たちの出会い系サイトで、サバイバルして見ませんか。

どうですかね? 事務局長に怒られそうなのでこのくらいにします。

さてこの鍛治ヶ沢ではりんどうの収穫が最盛期に入りました。
夜遅くまで頑張っています。

こんなこと書くから誰もこなくなっちゃうんだよね。

【2007/08/10 22:27】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
七日日(なのかび)
AUG7-1.jpg


今日は、なのかび、8月7日、お墓の掃除をして、にごしばっとう(あずきばっとうの名でなあどでも売っています)を食べる日である。
子供の頃は7回食べて、7回泳ぐとかそんなことを聞いた記憶がある。

白いランニングシャツを汚しつつ、墓石を磨き上げる。今年もお盆が来たなと感じるときだ。

雑木林の中からセミの声が聞こえて来る。お寺の住職に「終わったのすか?」と声をかけられ、「はい、曇っていてあまり暑くなくてよかったです」と答える。

ここのお寺の娘さんは双子の姉妹で俺の同級生である。昔ここでかくれんぼなどして遊んだことがある。義経伝説の残るお寺さんだ。

掃除を終え、家に帰り、熟れだした桃を見に行く。摘果不足でミズキ団子のようにぶら下がった桃は果樹屋さんには笑われるが、それはそれで見事である。

ちなみに待望のメロンに次ぐ夏の一押しフルーツ、恋みらいが熟し始めた。今まで作っていた桃とは一線を画す。

フルーティーな甘さの中にプラムのような甘酸っぱさが絶妙に口の中に広がる。これはまさしく初恋の味なのだ。

この品種の桃はまだ出て4年ほどしかたっていないわけで、あまり味わえないだろうと思われる。
あかつきはご存知の通り有名でその交配品種、あかつきよりさらに優れた品種である。

ひとくち食べてほんとに恋の味がするのだ。これは絶対おすすめなのだが、あまりにも収穫量が少なすぎるので、限られた人しか食べられない。もしかすると産直の中で出ているかもしれないが何しろ品種が書いてないからわからないね。

これがその恋みらい2号、当然1号、3号とあるがでもあと3年は待たないと食べられないな。
AUG7-2.jpg

【2007/08/07 12:21】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
黒の誘惑
AUG4-1.jpg


ガスの中に沈む宮古の町。

昨日から始まった夏休み体験教室。
今回は3日から6日までの4日間、今年は今までになく内容が豊富。
私のグラスアートをはじめ、竹細工、陶芸、ウニ染め、ハーブ石鹸と5種類もの体験が同じ場所でできてしまう。

おそらく手作り村以外でこれほどの体験のできる企画もないであろうと思われ、興味のある方なら、大人子供問わずできるだけ参加していただきたい企画なのである。

シートピアなあどで体験を始めた当初からの私たちの願いであった。

しかし、予約は別として、以外にもお客さんが少ないのである。
いつものことではあるがそれにしてもやっていることを知っているのだろうか?

ということで後2日間、シートピアなあどでやっていますので、ぜひご参加下さい。

で、今日も4時終了、6時まで産直のホームページの修正、追加。
発表会もあと少しとせまってきた。セレモニーをどうしようか、内容を詰めておきたいという事務局長の誘いに、曖昧な返事の私であったが、薩摩白波の黒が手に入ったんだよ、の一言。

どうもこの手の話にすぐ乗ってしまう私なのであります。
不純な動機につい流されてしまう私は決してアル中ではありません。

あくまでも今日は戦略会議なのだと女房を説得しつつ、この時間には脳細胞をすっかりやられてしまっている私なのであります。

実はブログの文字がにじんでよく見えないわけで、目の前にはイカの刺身と白波とドライと男山とエーデルワインとありとあらゆる酒がありもしない幻想までも引き出してくるのであります。

やたら酒臭いブログの完成なのだ。

しかし、隊長どこに行っても酒とは縁の切れない、華やかな?人生を送っているのであります。

体験教室待ってるよ~!!

俺の友達の娘さんの作品です。フラワーベース。

AUG4-2.jpg

【2007/08/05 00:08】 | 出崎産直はなあど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |