FC2ブログ
Welcome to my blog

隊長 !? 次は何ですか ?

スポンサーサイト
No image

スポンサーサイト

解禁まで後一ヶ月

解禁まで後一ヶ月

まだ冬眠中の田代川で魚たちもおなかをすかせてじっと春を待っているのだろう。今年は最近ではまれに見る凍てついた川なのだ。それにしても中国産の餃子怖いですね。たまたま餃子の講習会を中国の出身者を招いてと企画した矢先。やっぱり所在のはっきりしないものは怖いですよね。本場中国の餃子も地元の食材できじから作りましょう。私たちの産直のホームページで紹介しているように、誰がどこでどんな風に作っているかこれは消費...

アオゲラの独り言

アオゲラの独り言

庭先の柿の実を食べにきたキツツキ。アオゲラと呼ばれるやつだ。頭のてっぺんに赤い帽子をかぶったようなかわいい鳥である。こういう中山間地に生活していると結構自然の中で共存しているんだということが実感できる。自然破壊という言葉をよく耳にするが、こういうところで田畑を耕すことも、木を切り生活することもそれ自体はたいした問題ではない。むしろ野生動物や昆虫にとってもいいことであったりするわけだ。家畜のための刈...

やわらかな

やわらかな

凍てついた川岸で、やわらかな毛に覆われたネコヤナギがそろそろ帽子を外そうかなと、季節をうかがっている。もう2月もすぐだし、3月ともなると渓流のシーズンが始まる。みんながあまり忙しくなる前に、今だからやれることを少しずつやってみましょうか。そんなことで鍛治ヶ沢唐臼の里プロジェクト、今年最初の企画は、中国4千年の味を勉強しましょう。田代の郷土料理といってもそんな特別なものもたいしてなく、縄文人の末裔とも...

どうせ使うなら

どうせ使うなら

贈り物にもらって嬉しいオリジナルですが、もっとなんかご利益があってもいいかな。気持ちの問題ですから。ということでグラスに左馬のシルエットを彫刻してみました。どうして右向きなのに左馬かといいますと、馬という文字は左を向いているんですね。これがうまを反対から読むと舞う。めでたい席で舞うわけでそこから招福ということになっているようですね。そうすると馬のしっぽは実は左を向くことになりますからこれでいいのだ...

たまにはガラス

たまにはガラス

たまにはこんな俺らしくもないグラスも作るんです。表も裏もブラストしてみました。ねずみのイラストの部分は残してあります。両面からブラストすることで奥行き感が出るのですがこの場合はとにかく真っ白になってしまうので絵柄は目立ちません。そこが又なんともいい感じなのですね。中に飲み物を入れると中が透けてきますから、絵柄が見えるようになります。手間はかかっていますがなんとも素敵な白になりました。シルキーホワイ...

霜柱

霜柱

日陰では昼でも霜柱がきのこみたいに生えています。道路は凍りつき、低速で走るものだから燃料費はかさむわけで、この寒くて、不便なこの地域では温暖化は大歓迎なのだ。こんなことを書くと叱られるだろうが、人間がまねいた結果の温暖化が問題なのは全くその通りで、CO2の削減対策は早急に取り組むべき問題である。しかしわが国の総理大臣は何を考えているのかいささか疑問だ。昨年まで120円前後だったガソリンが155円く...

フクロウ

フクロウ

朝、道路のそばの木の枝でのんびりと車を眺めていた。近づいても逃げないので写真がとれたわけだが、結構恥ずかしがり屋のようだ。カメラを向けると顔を背けるのである。こんな奴と友達になれたらさぞ楽しいだろうと思う。結構かわいいしね。人懐っこそうだった。先日の豆腐づくりで冷たい水にやられました。手の甲が痛くなり、腫れ上がってしまったのであります。これは一大事じゃ。豆腐をつくれなくなったらどうしよう。年寄りに...

山から見える海

山から見える海

子供の頃はいつも裏山の刈り場で見ていた海である。今でもこの海が溢れてこないのが不思議なのだが、昔はこの先に陸があるとは思えなかったのももうなずける話だ。ましてやぐるぐる回っているなんてね。今年は温暖化も何のその、寒いです。水が冷たすぎます。豆腐を冷やす水槽は3℃。氷る寸前ですから冷たいというより、痛い。水の中で豆腐を切っていると、血液が凍り付いて血栓になるのではないかと心配です。やがて慣れるという...

山のなかで

山のなかで

山を見に出かけた。木の葉の落ちた林の中に黄緑色の繭がひとつ枝にぶら下がっているのを見つけシャッターを押す。ウスタビガという蛾の繭らしい。この中で越冬するのかと思ったら、そうではなくてこれは出た後で、すぐこれに卵を産みつけ、卵で冬を越すらしい。チョウセンアカシジミなどは7月に卵を産み、卵で冬を越す。そうじゃなきゃ氷りついてしまうもんね。卵というのはすごいですね。子供の頃は養蚕をやっていて、蚕のかわい...

何年ぶりかな

何年ぶりかな

きょうは写真を撮っていないので数日前の写真です。車が故障して代車を借りに行くことになり、久しぶりに定期バスで宮古まで出ることになった。何年ぶりだろう。考えてみると車を持って依頼、田代のバスには乗っていないことになる。20年以上乗ってないのではないか?バス停まで歩いてゆくと我が家の犬どもがついてきた。これはまずいぞ。いつも散歩でつれて歩いているとバスがすれ違う。これでは散歩と間違えられて止まってもら...

うーん微妙?

うーん微妙?

今日なあどでミズキダンゴづくりをやるというので、テカテカに氷りついた峠道、車を走らせる。スケート場の氷よりもなめらかだ。ハンドルもブレーキも効かない。こういうときは滑るより先に車を走らせないと危険である。しかし勇気もいる。対向車がきたらどうするかだ。普通車ならいいが定期バスやトラックだったりすると狭すぎるのだ。案の定下りにさしかかったところでバスが来た。まったく寒いのに汗が出てくる。さて、ミズキダ...

寒いですな。

寒いですな。

昨夜の雪と寒さを雲が閉じ込め、寒い朝となった。今日が豆腐づくりでなくてよかった。水に入れる手が冷たいではなくて、痛い。さて、にがりで豆腐の出来が変るということ。それはにがりの成分にもよるわけで、色々な凝固剤がある。どれがいいとは一概に言えないわけで、豆腐として凝固する量も凝固剤によって大きく変ってくる。舌触りも同じように違うし、味も違う。どれも業務用であって、そのどれもを試すことは大変だが、造って...

何でこうなるの?

何でこうなるの?

絞りたての豆乳は柔らかな白い泡につつまれ、畑のミルクなのだ。当然のごとく大豆によってその味は大きく異なる。まず甘さがちがう。渋さみたいなものも違ってくる。でも今日はそれではなく、そんなことじゃいい豆腐はできねェぜ、と叩きのめされた話。豆腐はこの豆乳をにがりという代物をうまく混ぜ合わせることによって、均一に凝固してくるわけだ。しかしただ混ぜるだけではいいものはできないのである。結論から言うと、今日造...

意を決する日々

意を決する日々

昨夜の雪でふんわりと覆われた木々、なぜか山の向こうだけ青空がのぞいていた。温暖化が叫ばれてから宮古と田代の間に温暖化の境界線が引かれたようだ。雪の全くない宮古の街と真っ白な雪に覆われた田代、雄又の峠からこっちは圧雪状態で昨日まではつるつるの状態だった。今日は雪がある分ブレーキが効いてくれるから少しは安全か?これからの季節は結構ドキドキしながらの運転が続く。スケート場は昨日、今日とにぎわったようだが...

川の造形

川の造形

今年は昨年とは違い、そこそこ寒い冬となった。大体川の氷りかたで寒さがどれほどか判断がつくのだ。今でこそスケートリンクが田代にでき、そこでスケートをするようになったが、子供の頃は田んぼに水を入れて氷らせるか、川が氷ったその上で滑って遊んでいた。スケートなど持っていなくても結構楽しめたものだ。先輩が滑るスケートが羨ましくもあった。川の氷は20センチから30センチくらいの厚さにはなっていたと思う。今では...

足跡

足跡

右がうちのレナ、左がキツネの足跡。真っ直ぐに一本の足跡が続く。どうやって歩くのだろうと考えてしまうほどに綺麗に続いているのである。人生もかくありたいものだと思う。今日メインの産直イベントも無事終わり、ほっと一息つけるかな。結構小心者の私としては終わるまでは心配なのだ。チラシ作りの案をだした当事者としては、その反応が意識していないところで気になっているらしい。時折夢に出てくるのだ。お客さんが来てくれ...

新年のご挨拶

新年のご挨拶

すっぽりと粉雪に覆われた鍛治ヶ沢から、明けましておめでとうございます。田代はとってもいい天気です。どういうわけか暮れになると何かと振り回されます。さらに昨晩は俺がどうの紅白歌合戦なるものがもようされ、本来12時前に終了し、年越しとなる予定が時間が延びて、年を越してから締めることとなった。しかし、年を越してしまうとなんとも変なことになる。明けてすぐ手締めというのも変だし、どうにも収拾がつかなくなるの...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。