FC2ブログ
Welcome to my blog

隊長 !? 次は何ですか ?

野生ということ

野生ということ

レナが裏山で吠える声がした。近づいてみるとタヌキがうずくまっている。逃げようとする風もなく、時折頭を持ち上げる。かなり衰弱しているようである。しかし野生動物にむやみに手を出すことは危険である。何か病気であればなおさらだ。レナにうつってもいけないので遠ざける。たまにこうしてしんでいるタヌキやキツネを見かける。彼らにとって病気はなすすべがない。可哀そうだがただそっとしておくしかないのである。以前も何度...

惹きつけるものとは

惹きつけるものとは

2月14、15日 シートピアなあどで工芸品の展示販売があります。出展工房はシートピアなあど、出崎産直に出品している各工房です。私も出しますので、それに合わせて作品製作中。写真はガラスのプレートに葡萄を彫刻したもの。サラダなどにちょうどいいサイズです。当日は黒森神楽もあるらしいが、神楽を見に来る人と工芸品を買う人は違うだろうし、主催者のPRにかかっているわけだが、どうなる事やら。ちなみに14日といえばバレ...

見舞

見舞

風邪で直売所にもしばらく顔を出していないため、I氏とK氏が田代までお見舞いに来てくれた。さて、風邪で寝込んでいるということで、月のセレナーデのロゼを持ってきてくれたのだ。昨日ようやく熱が下がって、少し体調も良くなってきたかなと思っていたが、なんとありえない展開。1週間ぐらい酒を控えていたのだが、せっかくはるばる来てくれたので、まずはビールから。考えてみたらK氏はビールは飲まない、早速いただいた月の...

冬の川

冬の川

雨が直接川に流れ込む季節と違い、雪となり、そのしずくとわき水でつくる冬の川は一番透明で美しい輝きを見せてくれる。それは田代に限らずどこに行っても同じである。秋の雨で洗われた川の岩には、藻がつくこともなく、揺れる水面を通り抜けた光は屈折し、模様を描き出す。それは水面の反射とともに川が絶えず動いていることを改めて認識させてくれるのである。しかし、この季節に川べりを歩くのはたいへん危険である。この川の写...

ユビコプター

ユビコプター

月が沈みかける頃、雪の覆われた木々を朝日が照らし出す。温暖化といいつつも、結構寒い毎日が続いている田代なのです。さて、先日シートピアなあどでは恒例の冬休み体験教室が開かれた。以前は私もガラス彫刻の体験教室をやっていたが、機材を運搬するのが大変でやめてしまった。それからというものこの時期は決まって雪が降る。やめてよかったとつくづく思うのである。この体験教室に合わせて、ユビコプターの製作講習会が行われ...

白銀の世界

白銀の世界

昨晩の雪が銀世界をつくり、やがて朝日がとかしだす。木の枝や電線の粉雪があっちこっちでキラキラと舞い落ちる。そんな所を歩いていると、大抵首筋に落ちてきて、背筋に冷たく溶けだす。粉雪は取り除こうとしても、余計に背中に落ちてゆく。仕方なくその冷たさに、冬を感じてみるのもありなのだ。昨日、事情があって留守にしたが、その間に鍛治ヶ沢の唐臼の製作が始まった。農閑期のこの時期しかなかなか時間が取れないから、なん...

雪のトンネル

雪のトンネル

宮古の街と田代がこんなにも違うなんておどろき。朝、豆腐を積んで走り出す。峠街道を登ってゆくと、だんだんと雪が深くなってくる。こんなさかで止まったら動けなくなりそうで、どうか車と出合いませんようにと願う。何年か前、対向車が横になって滑ってきた時もある。そんなことを考えながら車を走らせていると、カーブを曲がった坂道でバスが滑って走れなくなっている。こんな大きなタイヤのバスでさえも難儀するほどの質の悪い...

玉虫色

玉虫色

新年明けましておめでとうございます。本年も当ブログをご愛読いただきありがとうございます。年賀状にブログのことが書いてあったりするととても嬉しく思います。離れていても、風景や情景が写真や活字から伝わってくれると、なんとなくひと時を共有できたかな、などと思います。独りよがりのブログは思わぬところから、おしかりを受けたりもしますが、本年もよろしくお願いいたします。さて、昨日ビニールハウスの内張りを張りな...