FC2ブログ
Welcome to my blog

隊長 !? 次は何ですか ?

スポンサーサイト
No image

スポンサーサイト

あわばな(女郎花)

あわばな(女郎花)

お盆を迎える頃になると咲く花。この地域ではお墓や仏前に飾る花としてなくてはならない花となっている。オミナエシ(女郎花)別名をアワバナという。とても発色の明るいきれいな花ではあるが匂いはあまりいいとは言えない花である。蜜は美味しいらしく、蝶や蜂が群がる。7月も終わりだというのに毎日雨の降る日が続く。どうもパッとしない天気に疲れ気味である。何しろメロンのハウスは雨が流れ込みやすく、泥が跳ね、やがて病気...

水

貯水槽の掃除のため山道を登ってゆくと道端にギボウシの花が点々と咲いていた。山の緑はいよいよ色濃く、木立の中は蜩ゼミの泣き声に包まれる。上り坂で噴き出した汗も、木立の中に入ると心地よい冷たい空気で乾いてゆく。気持ちはいいが実はこういうところは蚊や蝿の類の血を吸うやつらがいっぱいいる。最近では虫よけスプレーなるものがあってTシャツ1枚でも何とか持ちこたえるので、山でも釣りでもこの時期は欠かせない。水槽...

蝉時雨

蝉時雨

蜩ゼミの鳴く声がいつからか聞こえるようになり、夕立が降り出す。雨が落ちてくるたびにビニールハウスに走り、雨水が入らないように閉めなければならない。どこの農家でもそうなように、春から夏にかけては慌ただしく時が過ぎてゆく。夏が来ていることも気づかずに、汗をぬぐう。夜、外に出ると暗闇の中で緑がかった色の光が点滅した。大きなゆっくりとしたその光はゲンジボタルであることにすぐ気付く。10年くらい前になるだろう...

野菜作りに寄せて 9

野菜作りに寄せて 9

メロンの受粉作業を手伝ってくれる頼りがいのあるミツバチたち。ミツバチによる受粉が味、形ともに良質のメロンを作りだすのである。さて、今春2月17日播種したメロンがいよいよお店にデビューする時がやってきた。播種から144日目である。播種した時点では大きく美味しいメロンをこれぐらい収穫するぞと意気込んでスタートするわけだが、実際問題144日後にどうなっているかなんてそう簡単に予測できるものではない。まし...

紫陽花の咲くころ

紫陽花の咲くころ

紫陽花の咲くころは雨の降り続く梅雨という嫌な感じを持ってしまうが、それも当然のごとくハウス栽培などの野菜は病気になりやすい時期でもある。同じ時期、草木が成長し、道路やら畑やら大変なことになる。そこでこの時期は道路の草刈が田代の住民の手によって実施される。晴れても大変、雨でも大変、曇りがちょうどいい。だが大抵雨か晴れかになるわけだが、今年は晴れ。汗だくになりながら道路の草を刈り進める。決まって同じ日...

桑の実

桑の実

とっても甘くておいしい桑の実が熟しました。食べ始めたらやめられない、もしかするとメロンの次に美味しい味かも。でも今日はあいにくの雨で果実が溶け出しています。とにかくここの奴は粒が大きくてとびっきり甘くて本当においしいんだ。食べられる期間が短いし、日持ちがしないから木から採って食べる以外味わえない。手はすっかり紫色になって、口も紫色になって、子供の頃よく食べたっけ。子供のころは甘い食べ物なんてなかな...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。