スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
郷土芸能にふれる その2
2012-1-24.jpg

黒森神楽を語るには黒森神社の話からになるが、詳細は専門家の方々に任せるとして。
市の資料によると奈良時代(710年~794年)の頃の密教法具が出土しているとのこと。

密教というと修権道(簡単に言うと山に入って修行する山伏)、修行によってさまざまなな能力を授かるらしいのだが、この話も始めると長くなるので別の機会に。

そんなことで黒森山はだいぶ昔から山岳信仰の場として、その山麓に今の黒森神社がまつられたという事でしょうか。

この黒森神社の権現様、権現様信仰は獅子舞の持つ魔を払う力を修験者が利用して民間信仰に持ち込んだものだそうで、紀州熊野系の山伏が信仰を広める為に獅子頭で舞を舞い祈祷を行ったらしい。
権現様が必ずしも獅子頭ではないことを付け加えておく。ここで言う黒森神社の権現様は獅子頭を借りた神の仮の姿であり、日本の神々は仏教の仏が仮の姿で現れたものというのが権現という言葉の意味のようである。



スポンサーサイト
【2012/01/26 18:20】 | 郷土の芸能 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
郷土芸能にふれる その1
2012-1-21.jpg

出崎産直の移動販売を取材がてら、橋の上から蛸の浜を望む。かつて子どもたちと夜釣りに行った防波堤も海の中だ。
そして反対側から鍬ヶ崎方面を望む。

2012-1-22.jpg

大部分の瓦礫は撤去され、建物の基礎のコンクリートだけが残っている。これもこれから撤去作業に入るようである。
そういえば何時だったか、Googleらしきカメラを積んだ車が私の前を走っていた。
震災地域をストリートビューにという事らしい。

宮古の町は隅から隅まで丸裸にされてしまっているのである。妹のうちが鮮明に、叔父さんのうちなんか表札まで鮮明に、うちらの店の横にはしっかりとブンブン号が写っているではないか。

宮古がストリートビューに取り込まれるのは遠い先のことのだと思っていたが、一気に世界へデビューしてしまったのである。もしかした田代も写っているのか?と確認したらやっぱりね。どこがストリートやらってことなのだろうか。

さて地図で宮古が世界中から注目されるためには、被災地ということだけではない宮古をこの機会にPRしなければいけないのである。

そんなことで私たちが子供のころから見て、聞いて、踊って、生活の中に溶け込んでいる郷土芸能というものを写真とともに紹介していく新企画である。

昨日、黒森神楽の北回り巡業が何年振りかでここ、田代に宿をとる。ちなみに俺がここにきてブログを始めてからは来てないから8年位来ていなかったのだろうか。

北と南と交互に回るので、一年おきにという事になるが、昔は北回りの時は田代には来ていたらしい。

巡業以外にもまつりのときや、祝い事のときにも舞ったりする。そんななじみの深い神楽を今回はしっかりと見てきました。でも飲み過ぎて記憶がやや飛んでしまったような。

ちなみに、黒森神楽は昨年秋にはロシア、今年の春にはフランスで公演するそうな。ロシアとフランス、ロシアが南でフランスが北回りという事になるのか?神楽で世界に幸福をもたらすことは実にすばらしいことだ。

2012-1-23.jpg

まえおきが実に長くなり文章が長すぎるとよく言われますが、やっぱり長すぎて今日はここまで。
【2012/01/23 17:28】 | 郷土の芸能 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
国立公園遊歩道
2012-1-18.jpg

竜神崎展望台から出崎地区方面を望む。

瓦礫は片付き、魚市場は再開。シートピアなあどは未だに閉じたまま。
それも今年のなかで再開へ向けて動き出す。

ついこの間の出来事なのにずいぶん時間が経ったようにも感じる。

さて、新しい年に入ってはじめてのパークボランティア活動。
冷たい風の吹きすさぶ浄土ヶ浜で遊歩道の倒木処理だ。

2012-1-17.jpg


ここ浄土ヶ浜も海岸線の遊歩道が寸断された状態であるが早期に治すということが新聞の記事に出ていた。

浄土ヶ浜は海岸線以外にも展望台が何箇所かあり、遊歩道がある。地元の人は結構歩いていると思うが、観光で訪れても短時間で回るのは難しい。しかし高台から見る海岸線はなかなかいいものである。

そんな遊歩道を安全に歩いてもらうために国立公園の保護官のもと、パークボランティアのメンバーは活動をおこなっている。

我々が切れる木はそんな太いものではないが、今回のはちょっと違っていた。これならチェンソーだろうと思われるやつが横たわっていた。子供の頃は冬になると薪をノコギリで引くのは日課みたいなものだったがたまに使うノコギリに結構手こずるのである。

最近は桃の木の選定作業ぐらいしかノコギリは使わないものなァ。

でもこんな木が歩行者に倒れてきたら大変なことになるのである。安全であることは必要だが、でも自然の中であることには間違いないわけで、何かに守られているわけではないので注意しつつ、国立公園を満喫して欲しい。
【2012/01/17 22:04】 | PV活動へ行ってきます。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山女魚も寒いだろうな
2012-1-11.jpg

今年は雪が降らないせいか、やたらと寒く、川の凍り方もすごい。

近年温暖化といわれてからこんなに川が凍りついたことはなかったが、日増しに水の流れが氷に埋もれてゆくようだ。

寒さに強いナバナもさすがにダメージを受け始めた。そろそろ雪が降るなり、温かくなるなりしてもらわなければ困ってしまうのだ。逆に道路状況は実にいいのだが。

しかしこれだけ川が凍りつくと山女魚や岩魚もさぞかし寒かろう。

こんな寒さでも昼の日差しでミツバチたちは外へ飛び出す。日本ミツバチはお互い暖めあって、冬眠はしないのである。今の時期は外にゴミ出しと排便と水飲みで出てくる。巣箱の周りは冬から春にかけてミツバチの糞で汚れるのである。秋までにためた蜜と花粉を食べながら春を待っているのである。


【2012/01/12 17:06】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハコベも大事にされる日
2012-1-7.jpg

今日、1月7日は七草粥を食べる日のようですが、うちのハウスのナバナの畝間は何とも見事にハコベの群生状態と化しております。

昨年末まで収穫していたほうれん草の畑もハコベに囲まれて生育不良を起こす始末。
いっそ七草の日に合わせてハコベを栽培した方がいいんじゃないか?

にわとりはこのハコベを喜んで食べてくれるんですが現在飼育していませんし、希望はあるのですが生き物を飼うにはそれなりの覚悟が必要で、多分ハコベだけじゃなくナバナまで食べてくれるに違いない。
冬野菜は農薬など使う必要もなく、なおかつ暖かい場所であるからして、青虫(モンシロチョウの幼虫)がナバナを喜んで食べてくれるのである。何匹捕まえたことか。

いよいよこのナバナも収穫時期に入ったわけですが、花が咲きだすと(花が咲く前に収穫しなければいけないのだが)ミツバチも活動を始める。といっても外にはまだ花がないからハウスの中のナバナの花粉が目当てとなる。

ミツバチにとって花粉はご飯で蜜は味噌汁みたいなものだそうだ。という事で2月過ぎて暖かくなると花粉の収穫にやってくる。青虫は補殺されるが花粉を好むミツバチは大事にされる。同じ昆虫でありながらどうして?

ナバナを作る目的は単に販売だけではなく、ミツバチの餌としても役立つからである。その分活動も早まり、分蜂も順調に第3分蜂ぐらいまでは行くのである。
そしてその後はメロンの受粉作業にあたってもらうのである。であるからして今育てているこのナバナは実に重要なのである。

それにしてもこのナバナ、日本酒に実によく合う。ビールとホヤと同じようなものか。

今収穫中のサラダに使えるほうれん草も美味だが、やっぱりこのナバナの美味しさは格別だ。

でもミツバチの餌となる花粉の味はどうなんだろう。はたして蜜も採れているんだろうか。

今年はいよいよ日本蜜蜂の蜂蜜が収穫できるであろう。百花蜜もいよいよ販売開始か?
【2012/01/07 18:44】 | それってどうよ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キツネのうんこ
2012-1-4.jpg

新年明けましておめでとうございます。
この言葉に紆余曲折ありますが、新しい年をめでたく祝う事は悪いことではなかろうと思うのであります。

ヘッダーの写真は宮古を望む峠道からの日の出前の写真。タイトルをつけるとしたら復興の夜明けとでもつけましょうか。
産直のカギ当番で急いでいたもので(6時半にはシャッターを開けなければいけないのだ)、手ぶれを覚悟で撮った写真だが、手ぶれが妙に柔らかだったりする。

雪の上の蕾は、昨年勝手に落ちたナバナの種が、勝手に生えて咲いたもの。冬でも元気ですがもうそろそろ雪と寒さに負けそうです。

久しぶりのブログ更新でご無沙汰しておりました。

最近家の周りにキツネがうんこをする。このあたりじゃ特別どうってない光景だが、いたずらに?敷いてある板の上に乗っけてあったりヒューム管の上に乗っけてあったり、どうやってこんなところにうんこするのだろうか。

だいたい、便器の真ん中に落とすこともままならない人間にとって、ペーパーをしいたり色々苦労して便器を汚さないように気を使うわけだが、この狐たちは丸いヒューム管の上にどうやってうんこを乗っけるのだ?

まさか出した後に手や口を使ってのせるわけでもあるまい。ヒューム管の上にしゃがんでやっているのであろうか。想像するだけで滑稽だが、奴らは真面目にそんなところを選んでやっている。ときには落ちている軍手の上とか、石のうえなんてのはよく見かける光景だ。

きれい好きなのか、いたずら好きなのか、うちの犬にしょっちゅう追いかけまわされたいるから、その腹いせにやっているとも思われる。

ついでに余談だが、最近うちも水洗トイレになった。こんな田舎でもである。そこでちょっと広いトイレであるため、CDプレーヤーやら本やら持ち込んで快適なうんこ生活を送っているのだが、そこで読んでいる椎名誠のロシアにおけるニタリノフノの便座について。この本をトイレで読む面白さにはまってます。

そんなキツネの話をしていたら、暮れの31日家の裏の竹やぶのところにキツネが死んでいた。
なぜかこいつら死ぬ時は決まってうちの近くである。その前はすぐ近くのプレハブ小屋の下で死んでいたし、婆さん曰く、爺さんが手厚く葬ってやるからうちに来るのだと。

死ぬまで人を困らせようという、いかにもキツネらしいやり方なのかもしれない。

それにしても近年、狸や狐が疥癬症と思われる病気で苦しんでいる姿を目撃する。
こういう地域だからペットの犬にもうつる。

この病気を無くす手立てはないものだろうか。




【2012/01/04 15:20】 | それってどうよ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。