スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
娘を嫁に出す
2012-6-19.jpg

アヤメが庭先で色鮮やかに咲き誇る。

ビニールハウスのメロンの様子を見に進んでゆくと蜜蜂が数匹中を飛んでいた。

変だなと思い外に目を向けると、ビニールの壁に蜂球ではなく板状に蜜蜂がとまっていた。

毎日今日か今日かと待ちわびた分蜂が始まったのだ。おそらくは今年二度目となる巣箱からのものである。
その前の時は高く松の木の枝に蜂球を作り、林の中に消えていった。今度こそと待っていたのだがこんな形で目の前に来てくれるとは想像していなかった。

思いが通じたに違いない。

透明なビニールハウスであるから表からも裏からもその様子が目の前で観察できる。こんなことはめったにないチャンスなのだ。

触覚で何かを伝達しているもの。八の字ダンスで仲間に何かを伝えているもの。じっと動かないもの。飛んでは戻るもの。それぞれに別々の動きをしているようで、実はしっかりと移動場所や動くタイミングなどを伝えていると思われる。

日本ミツバチは西洋ミツバチのように巣枠で飼う事は難しく、重箱の方式が多い。であるから中々八の字ダンスやら、色々な動きは見ることが難しい。まして女王蜂を確認することなど更に難しいと思われる。

それではここでその女王蜂をご覧いただきましょう。

2012-6-18.jpg

写真中央やや右側、これが多分今年生まれた日本蜜蜂の女王蜂である。先日巣を出た女王の娘という事になる。
そして左上側に見える黒い蜂がオス蜂である。ここにいる蜂たちはみな兄弟姉妹という事になる。

最初の分蜂では子供たちを連れてゆくが、次は姉妹なのである。そしていつもは黒っぽい体の働き蜂たちも、新しい巣作りのために蜜をいっぱいため込んでいる。そのため大きく縞模様が出て色も黄色っぽくなっている。
しかし中にはお花畑から帰ってきたばかりで花粉をつけているものもいる。
どうやって出るものと残るものを決めているのだろうか。

さてこの者たちを近くに住まわせるわけにはいかないという事で、嫁に出すことを決意する。

早速電話をしてやさしく傷つけないように回収し、高浜へと移動する。

一年間毎日かかさず見守り続け、色々面倒を見続けてきたそして仕事を手伝ってくれた私のパートナーたちである。娘を嫁に出す親の心境なのである。

孫が出来たら遊びに来いよ。そのうち会いに行くからな。体を大事にしろよ。などと送り出すのであった。

スポンサーサイト
【2012/06/13 21:49】 | 日本蜜蜂部隊結成 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
North East Camp Vol.1 只今開催中(速報2)
2012-6-14.jpg

雨に煙る野外活動センターから、ナイター照明に照らされ幻想的に浮かび上がるマシン。

美しくも磨かれ飾られたバイクは限りなく愛すべきマシンなのだ。

一人優越感に浸れる時間なのだろう。なんとなくバイク乗りの気持ちが伝わってきた。

いろんなところから来ていて、それぞれのことはよくわからないけどバイクでつながっている、そんな感じがまた実にいい。

こりゃァ豆腐なんか売っているより、テントを積み込んでバイクにまたがっている方がよっぽど面白そうである。

2012-6-15.jpg

この田代の野外活動センターもいつかしらバイク乗りのあこがれの地になってほしいものである。

ちなみに一応、私たちの豆腐田楽を紹介します。
豆腐ステーキ改め、豆腐田楽99%田代産、にがりが違うだけの自信作です。

2012-6-16.jpg

2012-6-17.jpg

スケートでにぎわったこの会場も、ついにスケートの存続も途絶え、新たな展開を迎える。

こうして色々なイベントで活用してもらう事もいいことで、新たな可能性を見せてくれた。企画された方々、参加された方々に感謝である。

自分が主役になれるイベント、イベントとはかくあるべきだと考えさせられた企画である。

こちらもそういう人たちを迎え入れるべく対応を考えていかなければなるまい。

【2012/06/09 23:20】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
North East Camp Vol.1 只今開催中(速報)
2012-6-9.jpg

宮古で開催される初めてのイベントNorth East Camp Vol.1 全国各地から爆音?を響かせてこの田代の地へ集まっています。

今現在午後3時25分、天候はやや小雨模様。

スケートリンクにハーレーダビットソンとお店が立ち並びいつもの野外活動センターとはちょっと違う、いや相当に違う雰囲気なのであります。

お店も遠く横浜、福島、久慈や二戸、他多くの店舗が出店しております。

入口は主催者のブース。

2012-6-10.jpg

ここで受付を行っています。
チャリティーTシャツはこちらで購入して下さい。

モツ鍋も有りますよ。

続いて、会場入り口付近の様子。

2012-6-11.jpg

2012-6-12.jpg

スケートリンクに沿ってお店が並びます。13店舗ぐらい?


そしてテントサイトはこちら。でもどこにでもテントが張れるので自分のお気に入りの場所へ。

2012-6-13.jpg

ハーレーじゃなきゃだめだという事はないので、一緒に参加して楽しみましょう。

これからいよいよ夜にかけて、ゲームやらキャンプファイヤーやら色々な企画が用意されています。

もちろん食べ物は色々ありますから、ご飯を食べずに見に来てもOK。

当然のことですが飲み物もいっぱいあり、飲みに来て酔っぱらって雰囲気に浸るのも有り。
但し酔っ払い運転は絶対しないように、運転手同伴、もしくはキャンプすること。

このブログをアップ中も家の前をハーレーの爆音が通り過ぎていきます。
俺もオートバイほしくなっちゃうのであります。

夜が盛り上がるのでこれから皆さんおいで下さい。

ちなみにパソコンを開いたらいきなり2度の停電、今夜は大丈夫かな?

スケートリンクにはナイタ―照明が灯ります。緑の木立とオートバイがライトアップされてとてもきれいになります。雨なんか関係ないもんね。むしろきれいかも。

さて、おいでの際には私たち加工部会の豆腐田楽と串団子を絶対食べてみて下さい。間違いなく美味しいのだ。
今回は新兵器導入で最高の焼き具合となっております。

今回は今までと違って、かたい豆腐を作ってやったぜ~。ワイルドだろ~。

田代の午後はワイルドに夜へ向かってゆくのであった。

まってるぜ~!!


【2012/06/09 15:51】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田代ルート追加情報
前回のブログで書きました千徳駅から近内を通り、田代に抜けるルートですが、6月9日(土)9:00~13:30まで通行止めとなるそうですので、この時間帯に田代を目指す方は注意してください。

【2012/06/07 23:52】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
North East Camp
2012-6-6.jpg

いよいよ田代の地で開催される North East Camp Vol.1(ハレーキャンプミーティング)が近づいてまいりました。
うちにはホンダのスーパーカブしかありませんが、加工部会で屋台を出すという事で参加させて頂きます。

田代のような曲がりくねった道にハーレーが似合うかどうかは別として、緑の大自然に囲まれ川のせせらぎが聞こえるロケーションは決して悪いものではないと思っております。

教育委員会がスケート場を撤退しようかという矢先に?このようなイベントが開かれるというのはとってもいいことのような気がします。

色々書きたいことはありますが、本題に入らせて頂きます。

全国津々浦々から参加される皆さんのために、田代の野外活動センターまでのルートから。

ルートは大きくわけて4つ

① 宮古駅から魚菜市場方面へまっすぐ、魚菜市場から左方向へベルフ西町生協ストア(お買い物はこのどちらかがおすすめ)を通り、右方向へ、道路伝いに山口病院、宮園団地方向へ、宮園団地から左へ曲がると、田代へ向かう道路となります。あとは道なりに不安がらずに進むのみ。夜はキツネやら野兎、狸、アナグマ、テンなどに出くわしますので要注意。やがて臼杵集落、そのまままっすぐ、中里集落へ橋を渡ったら左折、亀岳小学校方向へ進みます。学校から更に2キロほど進んだところが野外活動センターです。学校から右に曲がると岩泉方面に向かうので間違えないように。

② 千徳駅から信号を宮古方面左に曲がり、更に次の信号を左折。ジョイスというスーパーがあります。
ここでお買い物をするもよし。この道路をまっすぐ西が丘を通って近内地区へ、未知伝いに左へ曲がり、まっすぐ進むと川のところにぶつかります。そこを右方向へ舗装されていない道路が少々、そして舗装路に入り間もなくすると、T字路で右折します。まっすぐ行くと岩船地区に行ってしまうので要注意。
あとは迷わず道なりに、不安を払しょくしつつひたすら上り坂。やがて頂上付近にトンネルがありそこを抜けて臼杵地区へ、そのまま進むとT字路となり左折。このT字路が宮園方面から来た道路とつながる。
あとは中里地区へそこから左折、①と同じルートで進めば到着。

③ 田老駅からのルート。ここは震災の傷跡がそのまま残る場所です。目の前には瓦礫の山。
田老駅から国道と平行に並ぶ道路、宮古方面に向きをとり、十字路まっすぐ橋を渡る。
そのまま道なりに走ると田川が左を流れる。あとは狭く曲がりくねった道路をしばらく走ると、左に橋がありその橋を渡り道なりに更に進む。まっすぐ行ってしまうと小田代地区で違う方向になる。
間もなく佐羽根集落。やすらぎ地蔵で有名な陸奥窯さんがあります。左に三鉄佐羽根駅。
更に道なりにまっすぐ、左に入ると箱石地区に行くので要注意。
あとは道を信じて進むのみ。やがて義経伝説のお寺さんが右に。更に進むと中里地区。ここで①、②から来た道路と合流するT字路があり、ここをまっすぐ。左折すると宮古へ。あとは①、②と同様に進めば野外活動センターです。

④ 岩泉方面から来るルート。言葉では説明しにくいのと、いろんな道がつながっていて、どこからでも来れるというか、これは地図で探ってくるのがいい。どの沢からでも田代の道路につながるか行き止まりかという感じで、景色はいいが、迷う可能性がある。45号線田老から入る道が無難である。

このイベントの日時を再度確認。

6月9日(土)9:00~ 6月10日(日)13:00
場所 野外活動センター
入場料 1500円

スケートリンクいっぱいにオートバイが並びます。 
屋台が出ます。
ゲーム等があります。
チャリティーTシャツ販売、収益を義援金として宮古市に寄付します。
キャンプをしながら楽しむイベントです。
などなど、詳細、お問い合わせは 担当者: 佐藤さん 090-1492-8588(時間を考えてお電話ください)まで 


さて、久しぶりに豆腐をこの日(6月9日)限定で販売します。スケート場名物の串団子も、このイベントに合わせて屋台で出すもの。
豆腐を待ち望んでいた方は是非この機会にいらしてください。
朝9時からの販売になります。
豆腐だけ欲しいという方、声をかけてください。豆腐を買うためだけに1500円の入場料はちょっとね。

そんなことで田代の初夏?は熱いのである。










【2012/06/06 22:02】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
分蜂の季節
2012-5-30.jpg

5月中旬から6月にかけてミツバチ達の巣立ちの季節となる。

花も咲き、蜜もたまり始めた頃、一年間子供を生んできた女王蜂が子供達を連れて、新たな住まいを求めて旅立つのである。この時はすでに次の子供を産み、オス蜂を生み、今の巣は子供に託すのである。

しかしこの時次の女王となる子供はまだ孵化していない。かりに孵化してしまった場合には今いる女王蜂に殺されてしまうのである。であるからして分蜂のタイミングは難しく、雨や風、気温など条件が合わなければ分蜂に至らないのである。更に蜂の多い巣では姉妹が孵化することになる。女王蜂となる卵は王台に産み付けられるが、7個ぐらい生むらしい。うまくいけばこの姉が巣を離れることになる。孫分蜂というらしい。

分蜂のときは羽音すさまじく、こんなにこの巣箱の中にいたのかと思うほどで、そんな数の蜂であるがしっかり統率がとれていて、出るもの残るものそれそれ全く違う動きとなる

やがて近くの木の枝などに蜂球を作り、ひと塊りになる。そして目的の巣となる場所が決まればいっせいに飛び立つ。どうやって合図を送るのか一匹残らずいっせいに同じ方向に飛び立つ。

ものすごく知的な生物であることにいつもながら驚かされるのである。

出来るなら用意した巣箱に移動してほしいのだが、なかなかこちらの思うようには行動してくれないのである。

それにしてもなんで電柱なんかに入っちゃうんだろう。巣になるような木がなくなっているのだろうか。
【2012/06/02 19:28】 | 日本蜜蜂部隊結成 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。