スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
国立公園を楽しむ その1
2013-1-30.jpg


今年度1回目のパークボランティア定例会合が先週土曜日行われた。

浄土ヶ浜の遊歩道の調査と危険木の処理などが主たる目的ではあるが、私などは正月に蓄えたエネルギーを消費する目的でもある。

地元でも身近にある遊歩道を歩く機会など中々ないものである。近いからいつでもいけるという気持ちがそうさせているのか、以外にも知っているようでも新たな発見があったりするものである。

この写真は浄土ヶ浜レストハウスの屋上から撮ったもの。外から階段を上って誰でも浄土ヶ浜を一望できるのである。
iphoneのosが新しくなり、パノラマ撮影ができるようになってこのような写真も簡単に撮れるようになった。

より人間の目線で写真が楽しめ、臨場感が出てくるのである。

2013-1-29.jpg


こちらはお台場の展望。

先日の雪で足場は悪いが、空気が乾いて透明なため、海の色と空の色が実にきれいである。

龍神崎、臼木山、御台場、舘ヶ崎と見どころはいっぱい。パークホテルにでも宿をとって、3時間から4時間かけてゆっくりと歩くと夜の食事がより美味しくなるのである。

但し、海岸線の遊歩道は津波で壊れてしまっているので現在復旧工事が進められている。行楽シーズンまでには完成の予定。

しかしながら2月には毛ガニまつりが開催されるので、海の青さに癒されつつ、宮古の味覚を楽しむのが今の旬。

さて、陸中海岸国立公園のホームページはこちら、そして環境省では福島、宮城、岩手、青森にまたがる遊歩道、東北海岸トレイル(仮称)に力を入れて、注目してもらおうと取り組んでおります。詳細はこちら

そして今現在、早稲田大の後藤駿介さんがこのロングトレイルに挑んでおります。もうすでに宮古を通過しました。その情報はこちらから。

スタートが八戸蕪島。私たちも先月行ってきましたが、種差海岸よく整備されています。ていうか、とっても地元の人たちに愛されてるなァと感じるのであった。

その夜のみろく横町、朝市、八戸も魅力いっぱい。みやこも負けてはいられないのである。
スポンサーサイト
【2013/01/22 12:13】 | PV活動へ行ってきます。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪の鍛治ヶ沢から
2013-1-16.jpg

成人日、大雪に見舞われた田代です。

毎回ながら融けてしまう雪をひたすら汗をかき、雪をかき、結構重労働なのだ。

ふと見上げると青い空に白い雲。iPhone から流れる臼澤みさきちゃんの故郷が妙にしみてくるなァ。

人の心の中には色々なメロディーが流れていて、シチュエーションとメロディーが共鳴するときがあるんだろう。

田代の紅白歌合戦が大成功に終わったのも、そんな理由もあるのだろう。

では、田代の紅白歌合戦の様子を少しだけ紹介するのだ。

2013-1-20.jpg

オープニングは姫神の千年の祈りから児童のみなさんによる田代念仏剣舞で緞帳が開きます。

2013-1-22.jpg

総合司会、そして両キャプテンの登場、歌あり踊りありの対抗戦スタート。

2013-1-23.jpg

久保田雅ちゃんもスペシャルゲストで登場。今回のこだわりは中央階段、中幕が開くと中央に階段が、もちろん歌い手さんはここから一歩ずつ下りてきます。

2013-1-21.jpg

会場の設定はクリスマスパーティー、子供たちとお母さんの踊り、そしてサンタクロース登場、会場のお客さんにクリスマスプレゼントを。

2013-1-25.jpg

歌い手さんはなりきってます。演出は非日常、みんなわかってますね。

2013-1-18.jpg

得点の集計の間に出場者全員で花は咲くの合唱。子供たちが学校の昼休み時間を利用しておぼえてくれました。
ホリゾント幕にはスライドショーで田代の日常の風景が。

2013-1-19.jpg

紙吹雪が舞う中で、クリスマスソングを全員で歌い、金銀のテープがいっせいに宙に舞い、緞帳が閉じ、閉幕。

4時間半にわたる田代の紅白歌合戦は、時を忘れ大いに盛り上がったのであった。

そのあとの交流会の盛り上がりもすごかったなァ。

次回への期待も実に大きいのであるが、さて次回への秘策はあるのか。






【2013/01/17 11:18】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新年のご挨拶
2013-1-10.jpg

新年明けましておめでとうございます。本年も隊長のブログをごひいき下さりますよう宜しくお願い申し上げます。

昨年末の田代の紅白歌合戦はなかなか面白かったけど、事後処理含め漸く本日かたづいたところなのだ。
田代おもしろプロジェクトの次の企画は何かありますかとNHKさんから電話が、ニュースに取り上げていただいた反響結構大きかったな。ちょっと偉そうなこと言いすぎたかなと反省しつつ、音響メインじゃ難しいなと思うのであった。

さて、隊長次は何ですか? そうだな昨年できなかった田代の無人直売所サミットなるものを農閑期の今ならできるかも。究極の人件費ゼロの直売所、それに向けた取り組みで先進地となろうではないか。

生産と消費その間にあるものはすべて無駄なことなのだ。究極は自給自足なのだがそこまでいかないまでも、お百姓さんが作ったものを畑から買ってきて食えばいいではないか。畑がない人は別のものを作ればいい。
製造することが基本なのだ。

製造、生産がおろそかになった日本は何処へ向かっていくんだろう。おりしも昨年末は選挙で、紅白歌合戦がつぶれやしまいかと心配だった。それにしても国民が一丸となって手を携え向かってゆける何かが出来ないものか。

戦争ではない何かがだ。

ハウスの中ではナバナとほうれん草が緑いっぱいであるが、ちょっと寒さが厳しく生長が止まってしまった。
熊にやられたミツバチたちも苦戦を強いられている。

蜜蜂が動き出すにはまだ時間がかかりそうだ。

※ ちなみにミツバチは冬眠しません。お互いに暖めあって蜜や花粉を食べながら冬を越します。
しかし水を汲んだり、ウンチをするために外に出ます。なぜか白っぽいところに集中的にウンチをつけます。
この時期のミツバチは攻撃的です。巣箱の近くは注意が必要で蜜を集めている時とはちょっと違います。

【2013/01/10 16:23】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。