田中茂と劇研麦の会その53
2013-11-19.jpg

ブログの更新が滞っておりますが、日常はめまぐるしく多くの出来事がやってきて、書いているどころの騒ぎでない状況。頭の中では同時に5つぐらいのことが進行して、ちょっと間違ったらとんでもないことになりそうな責任を負っていたりする。

で、そんな頭の中から一つの話題を。

来たる11月24日(日)劇研麦の会の72回目の定期公演が上演されます。
場所は磯鶏幼稚園2階ホール。市民文化会館の向かいになります。
時間は13時開場 13時30分開演

そういえば市民文化会館いよいよ復旧工事がスタートしましたね。完了は来年の12月の予定。
シートピアなあどがそうだったように、震災前の状態に戻すという事だったらしいが、どうせ直すならもっと使いかっての良いホールにと働きかけで、同じ予算内ならいいという事になったようだ。

国をはじめ行政ってどうして融通がきかんのだろう。馬鹿げてる。あいた口がふさがらないとはこのことだ。

そんなことは置いといて、今回の公演は海の墓標という田中茂作品である。以前若干紹介したと思いますが、海で生きる若者を描いた作品だ。当時問題提起できない問題みたいなものを田中茂は作品の中に表現している。

それともう一つ、今回昨年に引き続き、朗読劇が行われる。
盛岡市提案型復興推進事業 リーディングカフェ による朗読劇である。こちらで確認

高橋勝彦源作 「愛の記憶」である。 

出演は出演…伊勢二朗、坂口奈央

とっても面白い、不思議で心温まる作品ですから、そして皆さんご存知の坂口奈央さんが…。とっても楽しみですね。 

今回はこの二本立て、演劇って実にいいもんですねェ。

多くの人に見に来ていただきたい作品です。なんと入場料は無料ですが、会場はあまり大きくないので早めに来ないと目の前で見れないかも。

では、磯鶏幼稚園でお会いしましょう。などと書きながら頭の中では別のことを考えている俺なのだ。
【2013/11/19 22:05】 | 劇研麦の会の足跡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田代の紅白歌合戦今年もやります
2013-11-9.jpg

秋も深まってくると、突然大霜がやってくる。
冬を察した木々の葉っぱは、いっせいに葉を落とす。

たとえば銀杏の葉やこの写真のように柿の葉は一日でほとんど落ちてしまう。これから冬は駆け足でやってくる。
そして今年もあっという間に終りに近づく。

そして12月といえば、田代の紅白歌合の季節です。今年もやります。
12月22日(日)10:00~14:00 クリスマスを目前に控えて、子供からお年寄りまで大いに盛り上がりましょう。
場所は亀岳小学校体育館です。

紅白20組ずつの対抗戦、4時間に渡る歌の祭典。出る人も観る人もその気になって楽しんじゃう企画です。

主催は田代おもしろプロジェクト実行委員会。

私、隊長が実行委員長を務めております。紅白なんだけれども正月ではなくクリスマス。極上のステージを用意致しましょう。

何しろ実行委員のメンバー、役者がそろっていますから。創造力と実行力抜群の精鋭たちなのだ。

入場料は無料なので観に来て下さい。




【2013/11/09 18:33】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |