スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
桜の季節
2014-4-30.jpg

先日法事で華厳院まで行ったら、ちょうど桜が満開であった。桜と門と階段が何ともいいバランスで配置され、とっても素晴らしく、思わず携帯で写真を撮った。

今、山桜が田代は満開で、吉野桜もいいが、山桜のピンク色もまた素敵なのだ。

さて、とっても忙しく農作業の追われ、ゆっくり花見などしているひまもないが、それでも先日久しぶりに花見の会に呼ばれて、夜桜の下で美味しい酒を飲んだのだ。 焼き肉など馳走になって、入れる野菜はうちのアジミナ。うーん肉も味美菜も絶品だなァ。とってもジューシーなのだ。

先日のブログにコメントいただきました、一本桜の情報。皆さんお待ちかねかと思いますが、昨年は色々とお恥ずかしい宮古の対応に、申し訳なく思っております。今年は3度も大雪が降りましたから、亀ヶ森の除雪作業も大変なようです。
私はまだ行っておりませんが、そろそろ通ったかなァ。

この前、農政座談会が田代で行われた際に、担当課の課長さん他、農業課の皆さんとお話しする機会があり、今年はよきにお取り計らいいただくようお願い致しました。桜の木の周りにロープを張るのも写真家にとっては具合が悪いこともお話しました。今年は期待できるのではないかと思うのですが。

桜の木の周りが荒れていることについて、踏みつけるからダメになるのではとの話があり、あれは人じゃなく牛さんが春から秋まであそこの日陰を利用したり、通ったりするからなのだと関係者の見解も有りました。人は一年の内に1週間ぐらいだし、写真撮る人が多いから中々あの辺を荒らすほどにはならないと思うけど。

とすると、牛が入らないようやっぱりあの周辺は観光と保護の区画にするのがいいと思うのだ。でもあの土地は民間の共有地を農協さんが借りて放牧地にしているので、誰がどういう手を打てばいいのかどこに話してもいい答えが帰ってこないのだ。観光課も手が出せない。 観光課で思い出した。キッチントレーラーが納車から3カ月以上経過しているが一向に動き出せない。何がどう問題あるのかさっぱり分からない。震災の復興支援をして下さったキリンビールさんにとっても申し訳ないと同時に、とっても恥ずかしい。

復興が思うように進まない一旦が見えるようだ。私の親戚、友人、未だ4畳半の仮設暮らしだ。1担当者に目先のことだけ考える仕事を与えるのではなく、将来を見据えた動きをさせてほしい。宮古の利益、市民の利益、経済的にも精神的にも。

昨年の一本桜のようなことは起こるべくして起こった結果だ。今年は期待していいかな?
お互いに話せばわかりあえるのに何処かで止めてしまう事がいけないのだ。

スポンサーサイト
【2014/04/30 20:04】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いよいよ春本番
2014-4-13.jpg

風の吹く毎日で杉花粉に悩まされ続けて睡眠不足です。

杉花粉がなければとってもいい季節なんだが、2階まで届くかと思われた雪もあっという間に消え、水仙のつぼみが膨らんで、急いで春が追いついてきた感じだ。

農作業にとって苗作りが最盛期。何をつくるかで夏の産直野菜の販売が左右される。

俺の場合は自分がこの夏何を食べたいかが決め手となる。メインはトマトかな。
今シーズンのトマトは5種、王様トマトの麗夏、りんか、ゴールド、プチぷよ、ルネッサンス、今年はトマトの食べ比べだ。5種のセット販売なんてのもいいかも。

そしておなじみのマルセイユメロン。

2014-4-14.jpg

今、しっかりした苗をつくることでこれから夏から秋までのできがきまるのだ。日々目に見えて成長していく姿は実に可愛いが、畑の準備がまだなだけに焦りも出てくる。

この野菜たちの生長を追いかけて、やっと一息ついた頃には気づくと秋になっている。

8か月でやっと一つの作品が完成する。農業というのは長く根気が要り、その年にはやり直しが出来ない仕事なのだ。

お客さんが美味しいと言って買ってもらえることが最大の喜びであり、そのために頑張っているようなもの。
消費税が上がろうが、自分たちで出しているとあまり関係ない状況。経費が上がっていることを考えるとそれではいけないのだが、お百姓さんの世界はそんな感じなのだ。

いっそ野菜もポテトチップスみたいに、全国どこでも100グラムのトマトは1個50円とか基準を決めてほしいものである。
ホウレンソウなんか青果市場に出したりしたらただ同然の値段がついちゃうからね。

椎茸も風評被害をいいことにめちゃくちゃ叩かれるし、いまだに原発で泣いている人たくさんいます。
それでも続けようって、どれだけ馬鹿な人間の多いことか。

【2014/04/12 22:08】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
美味い話
2014-4-11.jpg

今とっても美味しいと評判の味美菜の紹介。

宮古では家でしか作っていないかも。中々売れない日々が続いていましたが、やっと美味しさに気付いたようです。というか食べ方が研究され出した感じなのだ。

チンゲンサイと小松菜の美味さを併せ持つツケナという事で、これがどんな調理の仕方にも合うのだ。

漬物にしてもよし、お浸し、炒め物、味噌汁、鍋物、シチューでもカレーでもなんでもOK。
アクがなく歯ごたえよく、食べやすく、それでいて美味い。

日々ファンが増えておりますが、そろそろ出荷のほうが限界に近づいております。

なあどの産直、鍛治ヶ沢の無人直売所で現在講評販売中。是非食べてみて下さい。

ほんとに美味いんだから。

今日畑でかたくなっているかと思って外の皮をバリバリ剥いて芯のところを丸かじりしたら、みずみずしくてサクサクして、食感はセロリをサクサクにしたような、癖のない美味で、こりゃあとっても贅沢な食べ方を発見したのだ。

こりゃ最高だな。
【2014/04/10 19:13】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
入学おめでとう
2014-4-10.jpg

亀岳小学校の入学式が4月8日に行われました。新一年生5名。
久しぶりの学校がにぎやかになる気がしてます。

実にいいねェ。なんか学校に光が射しこんだように、明るく、微笑ましく、お年寄りだけが増える世の中ってやっぱり変で、学校の無い地域ってのも変で、支え合うだけではなく、世代が組み合っていないと変なんだよね。

俺みたいなものにも子供たちから挨拶してもらうとうれしくなるのだ。

それで、こういう子供たちとの接点も作っていかなきゃなんねえべ。

今度また地域創造基金のプレゼンがあるわけだけれど、地域の創造って、人をつくることなんだよね。

どれだけ美しい場所でも最後は人なんだよね。

そんな故郷をこの子たちにも誇りに思って、社会に出てほしいものだ。
【2014/04/10 18:56】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三陸鉄道万歳!
2014-4-6.jpg

久しぶりにまとめてup致します。
それでは1件目。

三陸鉄道北リアス線全線開通おめでとう。この田代も三陸鉄道が通っているのだ。駅もある。佐羽根駅だ。
というわけで、久慈から宮古へ向かう列車を旗を振ってお祝いするのだ。
でもこの列車、久慈へ向かう際には止まらず、スピードも落とさず通過したらしい。こんなに大歓迎しているのに。
まあ特別列車だから仕方がないか。

帰りも期待せずに、大歓迎を。この列車には駅長の大吉さんと副駅長の吉田君が乗っているらしい。
こういうのっていいねェ。北三陸鉄道だか三陸鉄道北リアス線だか何だかどれがほんとかわからなくなったが、そんな感じが実にいい。大森署のだいきっつぁんでもが駅長でそんなこともどうでもいい。

実になじんでるんだなァこれが。

2014-4-7.jpg

列車も止まってくれました。だいきっつぁんおめでとう。念願の全線開通。

吉田副駅長おめでとう。今夜は手巻き寿司だべ。

2014-4-8.jpg

朝ドラがそのままに、感動だなァ。三陸鉄道万歳。

いっそこのままドラマを現実のものとして、週末はキャストの面々に乗ってもらうことで、三陸鉄道を巨大アトラクション化してしまえば黒字になるんだがなァ。
【2014/04/10 18:39】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。