2014亀ヶ森一本桜情報その2
2014-5-8.jpg


ゴールデンウイーク明けの更新です。

いよいよ、一本桜の開花期になるとところです。そんなわけで畑仕事をの休憩時間に、とはいっても朝7時半頃行ってきました。それではその様子から。

開花しましたというより、満開宣言であります。

このところ暖かかったので一気に進んだようです。

2014-5-10.jpg

道路も通れるようになりました。桜の周辺は特に一昨年同様に規制はありません。25日までは草地の中にも入ることができます。ロープ等の規制も有りません。

2014-5-9.jpg

今年は花数が少ないように見えます。花一輪一輪は輪郭が濃いピンク色で縁どられとってもきれいです。

2014-5-12.jpg

周辺も淡い緑に覆われ始めて、とっても心地いい高原となっています。
今日は天気も良くとってもお花見日和です。赤い葉が出始めておりますが、この花が土日までもつと仕事をされている皆さんも見られるのですが。

2014-5-11.jpg

亀岳小学校のみんなも行くらしいので、今年はしっかり見ることができそうです。昨年は道路から戻ってきたのでその分まで楽しんできて下さい。

2014-5-13.jpg

亀ヶ森の牧場はこの桜だけではなくあちらこちらに桜の木があります。残雪も有り、古木も残されていて、行ったら頂上まで車を走らせて、その途中途中で車から降りて、周りの景色を楽しんでほしいなと思います。
今日は弁当を持って出かける、最高の日和ですね。帰るときは雲一つない天気でした。

それでは、JAと市職員の皆さんに感謝しつつ、亀ヶ森の一本桜存分にお楽しみください。

ゴミの投げ捨てと火には十分注意して下さい。来年も皆が楽しめるようにご協力お願いします。

【2014/05/08 09:12】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2014亀ヶ森一本桜情報その1
2014-5-2.jpg

梨の花も満開です。
久しぶりの更新でアクセス数が増えましたが、つまらないブログでもこの時期だけはちょっと違うので、文章は吟味しつつ書き込みましょうか。

さて、お待ちかねの亀ヶ森一本桜ファンのための情報をお届けします。できればゴールデンウイークに咲いてくれれば一番いのですが皆さんの予想はいかに。

まずは道路情報からです。岩泉線から亀ヶ森牧場への舗装道路ですが、牧場へ入る道路は閉鎖されております。
建設課の文字があります。まだ除雪と道路整備が終わっていないという事なのか?夜は危険だから閉めているのか、よくわかりません。こちら側から牧場のほうへは入ることができませんでした。このルートは皆さんが良く使うルートなのでこのまま市役所がゴールデンウイークに突入すると入れません。という事で市役所にお尋ねください。今のままだと見に行けませんね。

2014-5-3.jpg


次に、田代から落合、北ノ又、亀ヶ沢ルート、ですが、大雪の影響で倒木や枝が折れて道路にかぶさって非常に危険です。木が突然車の上に落ちても保証致しかねます。

軽トラで枝にこすりながらやっと通れるくらいのところが多くて、乗用車は無理です。しかしながらこちらのルートは閉鎖されておりません。なんか違うんじゃねェ的な感じですが、とにかく車はおすすめできません。

でも、皆一年待ち続けてますからみたいですよね。

それでは大雪が心配だった一本桜の今夜の様子です。

2014-5-4.jpg

枝は一つも折れていませんでした。偉大な一本桜に感動の対面です。

さて、ではいつ頃開花するかと予想してみて下さい。蕾はこちら。思ったより膨らんでました。雪は多くても温暖化?

2014-5-7.jpg

木全体がやんわりとピンク色に染まり始めた感じです。多分。暗くなってきたのでわかりません。忙しくて昼いけないのでごめんなさい。でも昼は通してくれないのかも?

2014-5-5.jpg


今年は雪が多くて除雪と倒木処理に苦労されているんだと思います。

一本桜のところまでは道路に雪はありません。車で行くことは可能です。閉鎖されていなければの話ですが。
日中どうなっているかはわかりませんが、これから整備して桜までの遊歩道等もロープで作るのではないかと思います。今はまだ何もされておりません。
桜が咲くまで今しばらくお待ちください。あくまでも観光地ではなく、放牧地ですのでトラブル無きようお願致します。

そのうち俺にも教育的指導が入るかも。でも一本桜は世界遺産とまではいかなくても、皆の共有財産なのだ。

入り口で戻る前に市役所からご確認を。何しろあそこまでは遠すぎますから。高いガソリンの無駄遣いにならないように。

おいでの際は、ついでに鍛治ヶ沢の直売所も宜しくお願いします。
【2014/05/02 20:17】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |