田代の紅白多合戦2015 まであと21日
t2015_11_29.jpg

昨年の紅白からスコップ三味線

さて、田代の紅白歌合戦まであと21日。
今日も実行委員会の打ち合わせが深夜まで続く。

この企画の実行委員会は総勢7名、企画の内容はこのメンバーで決める。
あとは地元の協力で実施するのみ。

忙しい中、駆けつけてくれるメンバーには本当に申し訳なく感謝している。

さて本日は、紅白40組のエントリーが終了、まずはプログラムの順番の検討に入る。
これが実に難しい。

誰がどの順番で歌うか、出場者は相当気になるみたいである。これは本当に気を使いつつ、4時間半の長丁場で、いかに楽しく、その年のイメージに合ったストーリー展開をするかが腕の見せ所である。

今年のテーマは故郷。田代というこの地域をしっかり心に焼き付けてもらうことが大事なのだ。
当然NHKを意識しつつ、司会者は朝ドラのイメージを作るわけで、今年は朝がきたということになる。
これ以上は見てのお楽しみ。

そして重要なのが、とりとなる歌い手さんと曲目、最後に行くにつれて盛り上がらないと積み上げてきた時間が台無しになるということで、ここは最も重要なところだ。今日の会議でここを決める。
結果はたぶん4回目にして最高の盛り上がりを見せるであろう内容と自信をもって言えるのである。

開催のお知らせは、12月1日号の広報みやこにも載せていただきましたが、ポスターも出来上がり12月から貼出します。
ポスターは紅白歌合戦のパロディーで作りました。はっきり言います。盗作ではなくあえてそれっぽいパロディーです。
入場料も無料だし、商売にもしてませんので温かい目で見守ってください。

ンなことで、ポスターは金はかかってます。真面目にふざけてます。
人間、まじめにやればやるほど、滑稽で面白いわけで、とにかくNHK以上にまじめにやってますんで、NHKさんも協力的に取り上げてくれたりして、あとは間延びしないようにと、そこだけは集中して取り組むのみ。

実はち密に練り上げられた、4時間半の超大作なのだ。

明日は紅組特別出演の小田代さんと若干の打ち合わせなのだ。バック演奏と踊りをやるからね。
【2015/11/30 00:36】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
toproject 発進
t2015_11_9.jpg

いよいよ田代の紅白歌合戦2015の開催に向て田代おもしろプロジェクト発進なのだ。

今年で4回目となるこの企画、昨年、一昨年と市の補助事業を受けてハードを準備でき、いよいよ自主事業として試されるときなのだ。企画自体補助事業ありきの企画ではないので、やれることをやれる力でというスタンスで、別に継続しなくてもいいのだ。
今年もやろうという雰囲気であればそれでよし。

今年は12月20日(日)午前9:00会場 10:00開演 たぶん2:30頃までかかるでしょう。
テーマは故郷

入場料無料 なのでお気軽にご来場ください。弁当持参してゆっくり楽しみましょう。
協賛費を協力してくれた方には記念品があったり、お茶のサービス、ささやかなプレゼントなどなど、自分なりの楽しみ方で紅白歌合戦を盛り上げましょう。

と、その前に今度の日曜日、11月15日は田代の伝統的おせり(現在はなんでも市?)が野外活動センターで開催されます。
この歴史は古く、楽しく盛り上がる、田代の文化を知るいい機会なのだ。
野外活動センターで朝9時くらいからスタート。売ってよし買ってよし。

もう一つ、11月15日午後1時開場 1時半開演 劇研麦の会、定期公演が開催されます。
こちらも入場無料となっております。

午前中は田代のおせりを見て、午後は市民文化会館で麦の芝居を見る。歴史ある文化に触れる秋の一日って本当にいいもんですね。


【2015/11/09 22:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋冬野菜の紹介
t2015_10_26.jpg

夏野菜が終わって一息つきたいところであるが、トマトやメロンのハウスは引き続き、味美菜が随時栽培中。
で、この冬の新商品はというと、タキイのファイトリッチシリーズに挑戦。

お客さんに提供することもさることながら、おいしく食べてより健康になること、これが重要なのだ。
詳細はこちら

で、まずは
ほうれん草の弁天丸(ルテインが従来のほうれん草の1.5倍)
ミズナの紅法師(アントシアニンが従来のミズナの10倍以上)
カラシナのコウーラルリーフプルーム(アントシアニンが従来のミズナの10倍以上)

いずれも目に良いとされる成分が多く含まれている野菜です。
これからは、野菜も味や成分、食感、そんなことを考えながら選択する時代になってきました。
わたくし生産当初から商品名を表示しているわけですが、作る側ももっとアピールすることと、使う側もほかの商品と同じように、野菜にもこだわりを持って、味わい、知識を高めることがより食生活を豊かにすることにつながると思うのである。

ちなみに、写真の野菜はタイニーシュシュ。ミニハクサイですが、結球する前から食べられます。なんとサラダでいただけるのであります。今年の秋はハクサイが高騰してますね。保存の観点からも切ったハクサイよりは、小さいサイズのハクサイが保存性がよいかと。このハクサイは特有のケバケバがないのであります。葉も厚く、シャキシャキ、あくも少なく良い食感が、これは色々と使えるのだ。

そして、味美菜は私の一押し野菜でやんす。キムチに湯豆腐におひたし、味噌汁、なべ物に、あくがないからおいしく使いやすい。
でも、スーパーではまだ見かけません。水分が多く茎が折れてしまいやすいから流通はしにくいのかな?それぞれの用途で一度ならず五度は使ってみてほしい野菜なのだ。この宮古でもたぶん俺しか作っていないからね。シートピアなあど産直コーナー販売中。

ファイトリッチシリーズはもう少しかかります。

【2015/11/02 10:37】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |