田代の紅白歌合戦2015
t2015_12_26.jpg

田代の紅白歌合戦2015、大盛況で終了いたしました。
ご来場いただいた方々、協賛いただいた方々、ご協力いただいた方々に感謝申し上げます。
多くの皆さんに支えられ、無事終わることができました。

来年も開催できるよう頑張ります。

t2015_12_27.jpg

歌合戦を盛り上げてくれた、小田代直子さん、堀トオルさん本当にありがとうございました。

とっても楽しく、感動の4時間半でありました。最後のおおとりが終わると帰る人が多かったのにはちょっと残念でした。
多分宮古方面からのお客さん?この後花は咲くの合唱とスライドショーで田代の一年を振り返り、表彰、サンタが街にやってくる、そして、ステージは金銀のテープが舞って終了。ここまで見てほしいのだ。

すべてはこのシーンのために。地域のあり方を見ていただくこの時こそが、私たちの伝えたい事。
単に歌の会をやっているわけではないのだ。それぞれに見どころはあっても、私たちが何を思い、何を感じ、何を伝えたいか、それこそがこの田代の紅白歌合戦の本来の目的なのだ。

カラオケ大会ではないと言っているのはそのことなのだ。そしてそのあとの交流会でこの企画は完結する。準備からそこまでが長いストーリーとして作り上げられ、讃えあい、労をねぎらう。本来の目的はそこである。田代のすごさはそこにこそある。
そういう目をもって、この紅白歌合戦を鑑賞してほしい。歌がうまいとか、衣装がどうだとか、そんなことは問題ではないのだ。
本来の感動はその内から出てくるものなのだ。

抽選会が終わったら帰るみたいなそんなイベントにはしたくないと思っているわけで、最後は一緒に座った椅子ぐらいは片づけて、田代の人と交流を持ってほしいと願っている。無料でこのイベントがやれるのも助け合いの心を大事にしているからなのだ。
一つの時間を共有した仲間として。そこにその時間一緒にいた仲間として。もっとそんな時間を大切にしたら心はもっと裕になるに違いないのだ。



続きを読む
【2015/12/26 17:36】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
田代の紅白歌合戦2015まであと9日
t2015_12_11.jpg

今年作ったサツマイモ、シルクスイートです。
まきストーブの上で焼いて食べると、しっとり柔らかく、スプーンですくって食べたほうがいいかも、なシルクスイート。
あまりにも美味しくて、他に出せません。メリクロン苗から挿し穂をとって植えつけます。まだ流通はしてないかな。まるでスイーツ。

さて、紅白歌合戦2015もあと9日と迫ってまいりました。
出場順が決定し、プログラムの作成に入ります。
全38組、小田代直子さん、堀トオルさんも出場します。その他にも名前はよくわからないけど歌のうまい人はいっぱい出ます。登場する衣装も楽しみの一つ。みんな芸名で出ますが、中折きよしさんとか、福田珍平さんとか聞いたようで聞いていないそんな歌手の面々が繰り広げる田代の紅白歌合戦は知らない人でもおもしろいのだ。

t2015_12_12.jpg

紅白歌合戦の企画はこの7名で行っております。司会の原稿づくり、買い出し、自分の歌を覚える、衣装を決める、いろんなことがいっぱいで。たいへんなのだ。この原動力は何なんだろう。芸が好きなのはもちろんのこと、やっぱりこの田代をこよなく愛するからなのだ。

明日も仕事なのに、夜中までひたすら検討を重ねるのであった。


【2015/12/11 17:38】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田代の紅白歌合戦まであと14日
t2015_12_06.jpg

本日は踊りの練習です。民謡日本一の小田代さんの唄で踊れるなんて、なんたる幸せなのだろうか。踊りがまるでダメな私はそれを見ることで実に満足しているわけで、それにしてもなんてかわいいのでしょう。
子供たちの覚える早さにびっくりポンや。

花笠についた鈴が踊るたびにシャンシャンと、早く本番がみてぇなぁ。

さて、プログラムの作成に入るわけですが、4時間半じわじわと期待と感動が盛り上がってゆくには、それなりの組み合わせが必要で、さらに衣装の着付け担当者がうまく回せるようでないと間が出てしまうのである。できる人は何人もいるわけではないから大変で、楽屋で出場者がバタバタするさまはとってもすごいらしい。音響照明に付きっ切りだからこの日だけは、写真が撮れないのである。

ちなみに白組2組、紅組1組欠が出たので、誰かいないものか。曲は2コーラスまで、プロに扮し、プロになり切れる田代をこよなく愛する方求む。演歌はいっぱいなので演歌じゃないほうがいいのだが。

会場は何しろクリスマスで、それだけでもいい感じなのだが、ここではサンタクロースと子供たちがプレゼントを会場のお客様へ、今は少子化、高齢化で子供たちと会話する機会も少ないから、優しく声をかけてあげてください。今は子供たちから大人が夢をもらう時代なのかもしれないね。

昨年まではコーヒーやお茶を無料で提供し、長丁場の水分補給を、しかし今年は補助金を当てにせず自分たちでということで、コーヒーとドーナツは販売しようかと。お茶はもちろん無料にします。
最近はお弁当を食べながら見てる人も増えてきましたね。そんな雰囲気が一番似合ってるかもね。最近は写真撮影、ビデオ撮影禁止、飲食禁止、なんだかなぁ。小坂町の康楽館では弁当やお茶を売って歩いてたよ。そんな感じが実にいいんだなぁ。
あったかいんだからぁ~。田代ってさぁ時がゆっくり流れてるんだなぁ。企画してる俺たちは早く流れすぎてるけど。

心のゆたかさづくり、一度見にきてください。お弁当持って。紅白歌合戦記念グラスなんてのも売ってますよ。厳密にいうと協賛いただいた方に差し上げるということですが。

入場は無料です。帰りには心があったかいんだからぁ~。


【2015/12/06 22:00】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田代の紅白歌合戦2015まであと15日
t2015_12_05.jpg

いよいよ残すところあと15日、やらなければいけないことがいっぱいあるのだ。

今日は加工部会のメンバーでスコップ三味線の練習風景から。
先ほど終わってきたばかり。時計は9時を指していた。

縁あって宮古からも参戦。

スコップ三味線がメインというわけではないが、今日が初顔合わせ。鳳凰そして小田代直子さんのバック演奏。
小田代さんの歌でカバーしてね。

多分別のところでは歌の練習と紙吹雪をひたすら切っている人もいるだろう。

鮭まつりも熱いが、こっちもあったまってきたぜ。

とにかく一つ一つ演出が細かいわけで、みんな嫌な顔一つせずやってくれるぜ?

暗転、上手、下手から入ってくる、二列に整列し座ったところでイントロが入る。スポットライトがギターを照らす、三味線が始まり、舞台明るくなる。といった具合だ。4時間半こんな調子で考えていくと、時間が足りねぇ。

気がかりなのは今日使ってみたCDプレーヤーが音飛びしたこと。もしかしてだけど~40曲聞かなきゃなんねぇの?どんだけかかんだよ~。寝られない日々が続くのであった。
【2015/12/05 22:23】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |