FC2ブログ
in 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から

川の造形

-0 COMMENT
2008-1-5.jpg


今年は昨年とは違い、そこそこ寒い冬となった。大体川の氷りかたで寒さがどれほどか判断がつくのだ。

今でこそスケートリンクが田代にでき、そこでスケートをするようになったが、子供の頃は田んぼに水を入れて氷らせるか、川が氷ったその上で滑って遊んでいた。

スケートなど持っていなくても結構楽しめたものだ。先輩が滑るスケートが羨ましくもあった。
川の氷は20センチから30センチくらいの厚さにはなっていたと思う。

今ではそこまでしっかりと氷りつかないから、危険で川の上では遊ぶこともなくなった。

まあ、寒いのはいやだが、冬らしい冬というところだろう。

いただいた年賀状を読み返しながら、のんびりと正月を過した。

年賀状もコメントひとつでこうも温かく、心が伝わるのかと、そんな思いで読み返す。
俺も一枚一枚心を込めてコメントを入れなければと反省するのである。

それにしても酒のはなしが多くネェか?
豆腐の味忘れられませんとの一筆。職人?冥利に尽きますなァ。
メロンに対する期待も。

いつもなら新年のグリーティングを送っていたのですが、今年は歌と酒におぼれていましたから、ちょっとしまりのない新年に突入したようで、まあ、皆さんの期待に応えるべく、精進を致したいと思っております。

たくさんの年賀状ありがとうございました。今年も皆さんと楽しいことを追及しましょう。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment