FC2ブログ
in 中山間地の農業

コンパニオンプランツのその後

-0 COMMENT
2008-7-22.jpg

大豆と甘薯のコンパニオンプランツ。

順調に生育しているようではありますが、大豆の背丈にばらつきがあり、鳩に食われて後で植えたものか、原因不明。

マルチのかけてない方が大きく育っているようにも見えるのですが。
甘薯はツルが這い出してきましたが、雑草に負けております。雑草より早く覆いかぶさる予定だったのだが、このままではやや不利な状況か?

未だメロンハウスでこの秋収穫のメロンをいじっていると、ヒグラシゼミの鳴き声が聞こえてきた。というよりも何日前から聞こえていたような気もするのだが、今になってそれとわかる。

ここ数日天候がよろしくない。こうなると気分もよろしくない。ビールもおいしくない。そう言いつつ、よく考えたら、数日前、夜なかの2時ころ歩いていたような。
山口あたりまで酔っ払いながら、颯爽と歩いていたら、息子が友達のところに行くとかで、歩いてきた道をまた宮古の方へ戻りやがった。

俺が苦労して歩いてきた時間は何だったんだ。なんだかすごくもったいなく、無駄な事をしたような気分になる。

さっき帰り際、一緒に送別会で飲んでいた女性の方々にまた奥さんを呼ぶんでしょう。と言われる。
いや、俺は歩いて帰っても問題ないのだ。
途中で草むらに寝転がってちゃ体裁が悪いだけなのだ。
何かを考えながら歩くことは好きである。時間が長いほど楽しいのだ。ただ、自転車はだめだ。
飲んだ時の自転車は不整脈をおこしてしまうのだ。これほど危険なことはない。いつもの調子で坂道で無理をしてしまうのがいけないようで、非常に体に悪い。最も自転車も酔っ払い運転はいけないことなのである。

今度はしっかりと懐中電灯を用意しておくか、月夜の晩に飲むことにしよう。それなら静かに帰れるであろう。
もっとも、オオカミに変身する可能性も無きにしもあらずだが。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment