FC2ブログ
in それってどうよ

蟠桃園(ばんとうえん)

-0 COMMENT
2008-7-30.jpg

手前の1,200本は3000年に一度実をつけ、それを食べると仙人になれ、
真ん中の1,200本は6000年に一度実をつけ、それを食べると不老不死になり、
一番奥の1,200本は9000年に一度実をつけ、それを食べると天地があらんかぎり
生き長らえる・・・
西遊記の中に出てくる桃園の話。

これを読むと桃が食いたくなるわけで、子供のころ図書館から借りて読んだころの記憶がいまだに残っている。

確かにうまい桃を食べると長生きしそうな気がしてくる。今の季節桃の木についたピンクのグラデーションが何とも言えない魅力があるのだ。それにしても今年はえらく大きな桃ができたものだ。
桃というよりもリンゴに近い。

6000年に一度実をつけるということは、6000本植えとけば毎年実をつけることになるわけだな。
何で1200本にしたんだろう?

理想郷をさす言葉に桃源郷というのがある。鍛治ヶ沢もそんな集落を目指しているわけだが、このもととなるのが桃花源記。

晉太元中(1)。武陵人。捕魚爲業。縁溪行。忘途之遠近。忽逢(2)桃花林。夾岸數百歩。中無雜樹。芳草鮮美。落英繽紛。

晉の代、太元の頃かとよ、武陵の魚を捕ふる業なすをのこ、谷川にそひ、(舟にて上りしが)路の遠近を辨まへず、上りける程にふと見れば、桃花の林あり、兩岸を夾さみたる數百歩の中には、ひとつの雜木だになく、(其下には(3))、かうばしき草うるはしく茂りあひ、風に吹かれ花びらのひらひらと「散るさま得も言はれぬ景色なり」

桃の花の咲く林を歩いてゆき、山の穴を抜けると村がある。

ここでも桃が出てくる。そういえば日本では桃太郎という昔話があった。

桃は人間の生命に大きくかかわっているようである。

それでは不老長寿の桃を今宵もいただきますか。メロンや桃が毎晩デザートなんてちょっと贅沢?そんでもってちっとも暑くならないからトイレが近いのなんの。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment