FC2ブログ
in それってどうよ

匂い

-0 COMMENT
2009-5-24.jpg

庭先でジャーマンアイリスの花の写真を撮っているとどこからか甘い芳香が漂ってきた。

あたりを見回すと近くのミズキに白い花が咲いている。匂いはここからのものだった。
数日前からメロンハウスのあたりでいい匂いがすると思っていたがこれっだたようだ。

裏山の方からは朴の木の花の香りが漂っている。これは少しだけかぐくらいならいい香りだが、あまり近くで嗅いでいると気分が悪くなってくる。

さて、今年新たにメロン栽培で取り入れたのがこの匂いを使って害虫を予防しようというもの。
これもコンパニオンプランツと呼ばれるひとつでもあるようだ。

昨年紹介したメロンとネギの混植やピーマンやトマトとニラの混植は菌の関係であるが、ハーブを使った方法というのは害虫を遠ざける効果を期待してのもの。

いわば虫よけスプレーのようなもの。

バジルの匂いはオンシツコナジラミに対して効果があるようで、トマトやピーマンなどのハウスの出入り口付近に植え付ける。そのほかに根拠はないがミカンやグレープフルーツなどがアブラムシに効果があるということで、それならレモンの香りのするレモンハーブなど効果があるのではなかろうかと、ハウスを取り囲むように植え付けた。

効果のほどを楽しみつつ、できたものを収穫して料理やら入浴やら、お茶やら色々使えるのでそれもまた楽しみであるのだ。農作業も別な楽しみがあると面白いのである。

0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment