FC2ブログ
in 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から

時計

-0 COMMENT
2009-5-26.jpg

ジャーマンアイリスの花が触れると壊れそうな柔らかな花を咲かせる。この地方にとってこの季節が一番気持ちいい季節なのかもしれない。

今朝メロンの受粉作業をしていると電話が入った。亀岳小学校で時計をくれるというような内容、で今から子供たちが持ってゆくそうだから出迎えて、写真を撮ってくれないかとということだ。
何のことやらよくわからないまま、灌水中のモーターの電源を切りカメラを持って直売所へ向かった。

整理して考えると、学校で鍛治ヶ沢の直売所に使っていない時計があったので寄贈したい、登校する子供たちが持って途中寄るから受け取ってほしいということなのかな?

私がつく前に子供たちが直売所に到着、急いで私もその場へ。なるほど手に掛け時計があり、挨拶をすませ、直売所の前に並んでもらい、記念撮影。
本来なら私が子供たちから受け取る様子を撮影したいところではあるが、そこまで朝の寝ぼけた頭では考えが及ばないのである。

子供たちはそのまま学校へと向かう。私は早速いただいた時計を取り付けることにした。
よく見ると教室か何処かで使われていたもののようである。
いままで何年子供たちや先生の視線の中で時を刻んできたのだろう。この時計はそんな卒業していった子供たちの姿を見続けてきたのである。一時休んでいた時計がまたこうして、この鍛治ヶ沢の直売所で動き出す。そしてまた多くの人々の視線を受け、時の移り変わりをじっと見守ってゆくのである。

2009-5-27.jpg


ただ単に時計というだけではなく、いっぱいの歴史や思いが詰まった宝ものか、タイムマシンをいただいたような気がする。なんか感慨深いというか、過ぎてきた時の切なさというかそんなものを感じてしまうのである。

そしてここに時計がついたことで、この場所に今何時かななどと人々が集まってくるとそれもいいのである。たぶんこんなところで時を刻む時計はスローライフな生活を送らせてくれるであろうと思われ。相当ゆっくり時を刻んでくれるのであろう。

亀岳小学校のみなさんありがとうございました。
私登校時、直売所での道草大いに推進いたします。季節の移り変わり、草木の匂い、風の音、川の流れ、そして地域の人たちとのふれあい、今いっぱい楽しんでください。
メロンの季節にはハウスに顔出して見てもいいかも。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment