FC2ブログ
in ブラスティング・アート

クリスタルなこと

-0 COMMENT
2009-11-11.jpg

このトロフィーは先日、パークホテルで行われた祝賀会の優秀賞者に渡されたもの。
ずしりとした重さと輝きがとても素敵でした。

できれば受賞者の方々にトロフィーを掲げてもらい、喜びを表現してもらうと、さらにこのアワードの素晴らしさが伝わったのではないだろうか。
私が作ったからということでは決してないのですが。
おそらく誰しもがこんなのをもらってみたいに違いない。私も作っていてそう思うのであります。
作ることはあっても、もらう事はないですからね。

プラスチックにメッキ処理のトロフィーとは一味違う高級感。クリスタルガラスという事もあって値段は少々高いですがそれなりの価値観は有ると思います。

2009-11-12.jpg

さて、こちらは内被せのグラスに外側から絵柄を彫刻、フロスト加工(厳密にはブラスト加工)を施し、内側の口元をグラデーションにブラストしたもの。
キセの淡い色と、光の具合によって浮かび上がる絵柄がとても高級感を醸し出します。
多分ビールを注ぐと口元で泡が発生する予定。
こんなのは他にはないなと、満足の作品。
シートピアなあどで販売中。

劇研麦の会の定期公演の写真を整理していたら、ピンボケやら、色が変やら、暗い会場で舞台の照明のみでとる写真のむずかしさを痛感させられました。
動いていない写真の方がやっぱり撮りやすいですね。





0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment