FC2ブログ
in 出崎産直はなあど

圃場取材

-1 COMMENT
2010-7-27.jpg

家の前の花にやってきたミツバチ。シャッタースピード1/1500。

最近家族が増えたせいか夕方になると巣箱の外まであふれているミツバチたちです。
でもわが家にやってくるミツバチはよそのやつららしく、違う方向に飛んで行ってしまうのであります。

こんなミツバチたちも本で読み、毎日眺めているとかわいいと思うようになるから不思議なものである。
この者たちの恩恵は計り知れないというが、田舎の人たちはそれほど考えてはいないだろう。
何しろ昔からごく普通にありふれた風景なのだから。

食物連鎖や共存共栄においてあたりまえのことなんだな。

私の所属している産直組合では、この時期の農繁期を機会に生産者の圃場取材を始めた。
私たちIT作戦隊が中心となり出崎産直に出品しているすべての生産者を取材して歩くという、とてつもないハードなことなのである。

しかしこれには様々な目的と効果がもたらされるのである。
ひとつは生産者の詳細な紹介と取り組み、そしてその生産現場を消費者であるお客さんに見ていただくことで、生産者と品物をより身近に感じていただけるという事。
そして置く客さんとの距離が近づくことで更により良いものを我々が提供できるという事。

生産者にとっては、一人ひとりが注目されることで品質意識の向上と生産意欲の向上がもたらされることである。

そして情報をホームページや店舗内で見ていただくことでお客さんに信頼できる商品であることを約束できることが大事なのである。

買い物をするときに誰それの、なんという野菜はこうだから美味しいとか、この野菜はこうして作っているからこうなんだと、話しながら買ってくれるようになってくれればこちらとしてもうれしいのである。

野菜ソムリエなどという認証制度があるようだが、産直ソムリエなどという人が現れてくれる方が生産者にとってはうれしいのだ。

村上さんちのお豆腐は自分の家で栽培した南部白目という大豆を100%使って、高濃度の豆乳をいくつものにがりの中からベストな組み合わせで作りだしたものなのよ。
釜で呉をコトコトと時間をかけてゆっくり煮込んで、絞り出した豆乳を櫂で寄せる、昔ながらの製法で造られているのよ。茹でるとふわふわにやわらかくなるし、冷たくするとかためで冷奴にすると箸でつかめるようになるの。
どんな料理にでも使えるし、とうふから出た味がうまさをより引き立てるのよ。
一度お店で買った豆腐と一緒に食べ比べてみるといいわ。

などというような会話がお店の中であちらこちらから聞こえるようになると、直売所というのは楽しくなるのである。

今までの何を買おうかなという買い方じゃなく、今日は誰それの何が出ているからこれにしようか。
そしてそれは旬を味わう事でもあるのだ。

店舗のモニターに生産者の紹介のほかにレシピなども見れるようにする予定なのでこうご期待。

でもこうして生産者の圃場を取材し、写真を撮って歩いていると、みなさん一生懸命考え、工夫し、努力し、個性的なものづくりに取り組んでいらっしゃいます。

いつの日か出崎産直消費者の会でもつのって、圃場を案内するというのも悪くはないかもしれませんね。

しかし考えてみると農業者というのは自分の時給などというものは、はなから計算に入れないで仕事をしているのである。
そして草取りや草刈りなどという一見無駄な仕事に膨大な時間と経費がかかっているのである。

ひたすら蜜を貯め、冬を越して、次の世代につないでゆく、そのためだけに一生懸命働くこのミツバチたちとさほど変わらないような気がしてきた。

そうなると、何が目的で何が嬉しさかというと、つくったものをお客さんにいいものである。美味しいものである。また買いに来るよ。と言ってもらう事なのである。
そして俺はいいものをつっくているんだと自画自賛して、いや、お客さんに認めてもらって、にやりとできる瞬間がいいのである。

それでお客さんが健康になってくれればなおいいのである。
1
  • Share

1 Comments

There are no comments yet.

-  

野菜ソムリエって死語ですが・・・。

2010/08/01 (Sun) 23:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment