FC2ブログ
in 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から

今もなお残り続ける文化財

-0 COMMENT
2010-11-21.jpg

暖かな陽ざしの中で田代地区の伝統的行事が行われた。
このような暖かい日を小春日和というのだろうか。まだ冬には少し早い気もするが。

昨年までは11月23日に定例的に行われていたおせり。いわば競り市のことである。

青年会が中心となって行う行事である。今年から日曜日に変更となった。

今年とれた農作物、家畜その他あらゆるものがセリにかけられる。

昔は家具屋さんやら、出店やらも並んでにぎわっていた。昨年までは露天販売もあったりしたが、今年は他のイベントとかちあってこなかったようである。

最近では色々なところでイベントが開催され、それなりににぎわっている。集客と販売を目的としたものが中心である。

しかし、この田代で行われている競り市は最近あちらこちらで見かけるイベント、まつりとは全く違うものである。有る意味無形民俗文化財的なものであると思われる。

これを文章で説明するのは実に難しい。実際にその場にいてその面白さ、楽しさ、地域の文化、生活、などというものがわかってくる。いつのころからやっていたのかわからないが、その歴史すら感じさせてくれるのである。
私が幼少のころからやっていたし、家畜を売買しその場でさばくなどというのもあたりまえのように行われていた。

それがかわいそうだと思う事はあっても、いけないことだとは考えない。それが生きることなのだ。

そんな生活に根差した行事なのである。

昔は宮古のあちらこちらから人が来ていたが、年々少なくなってきていることは事実である。
セリに参加して声を上げ、大笑いする、支払いなど考えずにどんどん値をせりあげる、そんな豪快な男たちがいた、それに混じって負けじと戦いを挑む女たちがいた。

そんな人間がいつしか少なくなってきた。

人に来てもらわないと始まらないが、かといって盛んに行われているイベントとは別物であるから、何かをただで配ったり、ゲームをしたりしながら物を売るというものでもない。
地域の文化にふれ、参加するか、はたまた無形民俗文化財を観賞するというたぐいのものであろう。

この手のものはあまり残されている地域は少ないのではなかろうか。

こういう取り組みこそが地域の宝であり、地域のあるべき姿なのだ。参加している爺さんや婆さんの顔、若者たちの顔、みんな実に楽しそうである。そんな顔をアップできないのが非常に残念である。

お母ちゃんたちは串団子や豚汁など出していたが非常に好評であった。

これは田代の文化財なのである。

2010-11-22.jpg




0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment