FC2ブログ
in 隊長の豆腐道

水と大豆

-2 COMMENT
2010-12-18.jpg

昨夜の風と寒さは強烈でした。何とかビニールハウスは無事でしたが、そこらじゅう物が散らかって大変なことになってます。今日も寒さは続き、田んぼの氷が昼も融けません。

この時期になると薪を割って冬支度です。振り下ろす斧を自分の狙ったところに打ち込めないのが薪割りのむずかしさでもある。人間感覚を常に鍛えておかないと、薪の1本も割れないという事になる。おまけにパグッた薪は大抵自分の足に飛んできて痛い目にあう事になる。昔、柔道一直線で車先生がいつも割っているシーンが共感を覚えたものである。

さて、昨日に続き一粒ずつ選びぬかれた大豆は、豆腐を煮る時間から逆算して浸漬することになる。浸漬とは大豆を水に浸しておくことである。

そのためにまず大豆を水で洗う。畑で莢に入ってはいるものの、脱穀の段階で多少汚れてしまうので、きれいに洗い流すのである。土などがついているわけではないが何度も水を変えて、水がきれいになるまで繰り返し洗う。
洗うと石鹸みたいな泡が出てくる。
これはサポニンという成分のためで、シャボン玉のシャボンと同じ語源である。
大豆サポニンは、血管に存在するコレステロールや脂肪などをキレイに洗い流し、動脈硬化を予防する働きがあるとのこと。早速大豆のすごさが出てきましたね。

という事で今日などは冷たい水で、いや凍りそうで、とんでもなく手がいたくなるのである。

2010-12-19.jpg


洗った後は桶に入れ、きれいな水を入れ明日まで浸しておきます。
大豆が十分水を含んで、もうすり潰してもいいよというまで待ちます。目安の時間と温度の関係はあるのですが、高温度変化が激しいと大豆と会話をして確かめるしかないのだ。

ここまでの過程は味噌作りも同じ。煮豆だって同じなのである。いきなり煮ても柔らかな豆にはなりません。
2
  • Share

2 Comments

There are no comments yet.

ゴルゴ12  

 ブログが14,15,16日と快調に続いて、いいですねえ。隊長の体調がいいのですか?豆腐に関しての隊長の情熱が伝わってきます。 先般は夜中遅くまでお付き合い頂き有難うございました。。「クマが出た」「えっー」は飲んだ時には悪酔いします。快調なのは夜中にガス抜きした訳でもなさそうですが。「野菜や」さんも記憶喪失でしたかねえ。拍手ポチしました。

2010/12/16 (Thu) 19:40 | EDIT | REPLY |   

隊長  

Re: タイトルなし

あの日は酔う事も忘れるほど笑いすぎました。2週間ほど体のことを気遣って禁酒してたのに、この日でその苦労も水の泡、いやビールの泡と消えました。野菜屋の父さんは最後の店の記憶を落してきたようです。最近は二日酔いより睡眠不足のほうが体にこたえます。

2010/12/17 (Fri) 16:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment