FC2ブログ
in 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から

田代のスケート場オープンします。

-0 COMMENT
2010-12-23.jpg

いよいよ田代の野外活動センターアイススケート場が明日12月19日10:00よりオープンします。

9:30分よりオープニングセレモニー。

餅つきとお振る舞い、田代の牛乳のお振る舞い、氷上競技他盛りだくさん。この日は入場と貸靴も無料。
家族で楽しめる一日です。

三鉄佐羽根駅からの無料シャトルバスも運行されます。今シーズンは毎週土日に運行されるという事なので、くるまではこれない方も大丈夫。沿岸にはここしかなくなったスケート場です。唯一のウインタースポーツが楽しめる場所なので多くのかたのご来場お待ち致しております。
シャトルバスと営業日については市役所のほうへお尋ねください。

さて私は明日はフライドポテトの揚げ方を担当します。いっぱい食べていっぱい遊んでくださいね。

今日の仕込みは田代のお母さんたちがやっておりますので、私は陸中海岸国立公園の自然歩道ウォーキングのサポート隊です。
浄土ヶ浜から休暇村までの歩道トレッキング。

木立を吹き抜ける冷たい風を肌に感じながら、初冬の陸中海岸をゆっくりと(そうでもないような)贅沢な一日を満喫する。
満喫するというからには頭の中で今どこまで来たのだろうとか、早く着きたいなとか思うようでは駄目である。
競争しているわけでも戦っているわけでもないのだから。もっと此処に居たいなァと思うようでなければいけないのだ。

しかし、長いの上り坂にさしかかるといきなり自分の体重が自分を苦しめるのである。これは坂がきついのではなく、自分自信の問題だとわかっていても早く登り切りたいという衝動にかられる。
そうなると満喫などと言っている場合か、という状態になってくる。汗ばんだ体に冷たい風が心地いいとは決して言えないのである。

そんな気持ちをコバルトブルーの海が忘れさせてくれる。

2010-12-22.jpg

ここを何度も歩いていればメタボな体も忘れさせてくれるに違いない。

遠く水平線のかなたを見つめると、いつしか異国の世界へと思いは馳せるのである。

所要時間 4時間半 (途中昼食休憩あり)

心残りは雉汁なのだ。





0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment