FC2ブログ
in あぶない探検隊一時退却

秘境の地、伝説の幻の滝を探る その7

-0 COMMENT
秘境の地、伝説の幻の滝を探る その7

とうに12時を過ぎていた、予定では着かなければいけない時間であるが一向に滝が姿を現さない。

地図を広げ確認するが場所の特定が出来ない、何箇所か同じような方向に流れている場所があるのだ。

ここから先はたどり着くまで進むことだけだ、もうじき着くはずなのだ。そして午後1時を過ぎた。

川が左へと曲がっている。足元に注意を払い歩いていると突然佐藤隊員が大きな声で私を呼んだ、いや叫んだのかもしれない。

何事か私にはわからずに彼の方向を見る。そして彼の視線に促されるように向けた視線のその先には真っ白に砕け散る水と、大きく垂直に落ち込んだ岩の壁が出現した。

2011-09-34.jpg


水の落ちる音もまた今まで聞いたものとはあきらかに違う迫力で我々を圧倒する。

我々は息を呑みしばし呆然とその景色に引き込まれる。

2011-09-35.jpg


すごい、こんなところにこのような滝があるなんて。心は躍っていた。写真を何枚か撮るが後で見てみると3枚だけであった。
後で悔やむことになるがこのときは興奮していて撮る事すら忘れていたのだ。

カメラは構えてみても滝が大きすぎる。カメラのファインダーに収まりきらない。メモリーカードの容量も少なくなってきていた。

そして何よりも滝つぼの大きさ、深さ、立ちはだかる岩の壁、その両岸もまた垂直に立ち上がる壁となり、ここからさきへ進めなければ大変だ。

やがて感動から一変、不安が襲ってくる。どこを通るかしきりにルートを探す。
一歩間違えば滑落して岩に叩きつけられるのである。

思いザックを背負い、深い滝つぼに落ちることも考えられる。
いつしかここを早く通り抜けることを考えていた。

2011-09-36.jpg


写真を撮る余裕すらなくなっていたのである。

そんな折、いよいよ靴底が剥れた。少しだけ付いていたフェルトを剥がすことにした。これで滝の岩を登ることは危険であったが、剥れた部分が引っかかることの方が怖かったのである。

我々は水の落ちている岩の横、草つきの部分にルートをとることにし私が先頭で進む、ミスは許されなかった。
ここでケガをしてもどうにも出来ない、緊張感が走る。

右の壁から草つきへと移動する。下にの深い滝つぼを見下ろしつつ移動すると草の付いている部分は岩の出っ張り部分であった為比較的安定した状態で足をかけることが出来る。

後から息子とRさんが続く、近いと危険なので距離をおくように声をかける。

草つきの部分を登ってゆくと、上部に何とか手をかけられるように岩がへこんでいた。ここに右手をかけ思い体を引き上げる。
何とか一番の難所をクリアし、二人も後に続く。自分が登っているときよりも見ているほうがよっぽど恐怖と不安が襲ってくる。

本来ならこれこそ写真に収めるべきなのだがそのときはそんな余裕など無かった。

中腹で待っている佐藤隊員があぶない探検隊だと何度か口にする。

こんな危険なことなど想像していなかったに違いないのだ。
ましてや安全確保など全くしていないフリークライミングのようなものだったのだから。

しかし彼は一段目の滝を上がったところでビデオを回し始める。
滝つぼと二段目の滝を撮り始めた。そして又壁を登る。

我々は上部からこの滝に見とれた。上から見るとその迫力、落差はさらに増す、わたしはふと、これが伝説の幻の滝なのではないかと思った。幻の滝にもっともふさわしく、紛れも無く我々にとって幻の滝だったのだ。

この先さらにこれ以上の滝が存在しないとも限らない。伝説ではこれよりも大きく記されているのである。

我々はさらに上流へと向かう、続けざまに落差は大きくないが岩で出来た段差が何段にも連なる。そこを抜けるのは岩の壁伝いに歩くことになり非常に危険であった。幸い足がかりになる場所を何とか見つけながら進むことが出来た。

そこから200メーターぐらい進んだだろうか、この辺のところはよく憶えていない。二本の倒木と岩の斜面を流れる川、どこかで見た風景が現れた。

2011-09-37.jpg


佐藤隊員が叫ぶ「あの滝だ」、しかしまだ半信半疑のようであったが周りの風景を確認するうちにやっぱりここが写真で紹介されていた滝だと確信する。

一度小学校の頃来た事があったらしい。わたしもまたこの景色は記憶にあった。

しかし先ほどの滝を見てきた我々には感動が薄かった、ようやく目的の場所に着いた割には拍子抜けした感があった。

ここが我々の目指していたところだったのか。

それほどまでにさっきの滝は我々を圧倒し、強烈なまでに脳裏に焼き付いていた。その興奮は未だに残っているのである。

佐藤隊員もそれは感じていた、そして私の説にそうかもしれないと思い始めていたようだった。

この滝で息子のルアーに大岩魚が食いついた。ようやく引き寄せるが手元で流木の中に逃げ込み針が外れた。
私はこの滝のぬしを釣り上げなくてよかったのだと言った。まだこの先は長いのだ。

2011-09-38.jpg

ここで休憩を取り、先ほどまでの行程をふりかえる。この場所を見て皆、ここが幻の滝だと言う。果たしてそうなのだろうか?

確かに滝であることは間違いないのだが。

音も違いすぎる。大雨が降ったときなどはその落ちる音が聞こえたという話もあるくらいだ。

先ほどの場所には誰しもが簡単に近づくことなど出来ない。山から降りることすら困難と思われる。幻の滝にふさわしいのである。その岸壁には刀が刺してあるとの伝説もある。だとすれば・・・。

幻の滝をめぐる疑問を抱きつつ、我々は歩き出した。終始話題はこの滝の話であった。

2011-09-39.jpg

1時間ほど歩き、漸く木材運搬用の道路とぶつかった。そこから上り坂の道路をひたすら歩く。

体がとっても重い、40分ほど歩くと愛犬のレナと父、と母が迎えに来てくれていた。

心配で見にきたのだという。冷たいお茶を持ってきていた、この時のお茶の美味かったことは忘れられない。疲れを癒した我々は、止めてあった車に乗り込み、昨日の道を引き返した。

そして我々の長い2日間の秘境の地、伝説の幻の滝を探る探検は終りを告げた。

だが我々にはその検証がまだ残されていた。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment