FC2ブログ
in 日本蜜蜂部隊結成

事務長と隊長のミツバチプロジェクト プロローグ

-0 COMMENT
シソの花で蜜を集める日本ミツバチ。

2011-09-40.jpg

新連載のタイトルは事務長と隊長のミツバチプロジェクト。

メロンの受粉作業で腰痛がひどくなり、何とかしようと日本ミツバチに力を借りることになったのがそもそもの始まり。昨年、切り株で作った丸胴に一つの日本ミツバチの群れが入ったことから始まる。

受粉を事務長に手伝って頂いたことも有り、そんなこんなでミツバチのことが一つの話題になり始めた。

時を同じくして、事務長が盛岡のほうの知り合いの家を訪ねた際にミツバチの巣箱を見てその可愛さに一目惚れしたらい。

やがて今年の春に向けて、飼育についての情報収集が始まった。ネットの日本ミツバチに関するページを片っ端から見て、本を購入して、盛岡の藤原養蜂所にも足を運んだ。

その辺の話は追々書くとして、そんな話題から出崎産直のキャラクターを探していた我々作戦隊に、日本ミツバチがいいのではないかと事務長が提案、私も目からうろこ?即答でそれがいい。

という事で事務長と隊長がなかば強引に出崎産直のキャラクターをミツバチに。

可愛い、頭がいい、組織力が優れている、秩序が保たれている、働く、作物の着果に貢献している、ミツバチが住んでいるという事は安心、安全のバロメーター、オスは役に立たたない、人間社会の縮図だ、コミュニケ―ションがよく取れている、農業にも自然界にも多大な貢献をしている、などなど理由をあげればきりがなく、そういえばリンゴ屋さんもいちご屋さんも時を同じくしてミツバチを飼い始めたらしい。

実はこのミツバチたちが、やがて私たち人々の絆も運ぶことになるのである。



0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment