FC2ブログ
in PV活動へ行ってきます。

国立公園遊歩道

-0 COMMENT
2012-1-18.jpg

竜神崎展望台から出崎地区方面を望む。

瓦礫は片付き、魚市場は再開。シートピアなあどは未だに閉じたまま。
それも今年のなかで再開へ向けて動き出す。

ついこの間の出来事なのにずいぶん時間が経ったようにも感じる。

さて、新しい年に入ってはじめてのパークボランティア活動。
冷たい風の吹きすさぶ浄土ヶ浜で遊歩道の倒木処理だ。

2012-1-17.jpg


ここ浄土ヶ浜も海岸線の遊歩道が寸断された状態であるが早期に治すということが新聞の記事に出ていた。

浄土ヶ浜は海岸線以外にも展望台が何箇所かあり、遊歩道がある。地元の人は結構歩いていると思うが、観光で訪れても短時間で回るのは難しい。しかし高台から見る海岸線はなかなかいいものである。

そんな遊歩道を安全に歩いてもらうために国立公園の保護官のもと、パークボランティアのメンバーは活動をおこなっている。

我々が切れる木はそんな太いものではないが、今回のはちょっと違っていた。これならチェンソーだろうと思われるやつが横たわっていた。子供の頃は冬になると薪をノコギリで引くのは日課みたいなものだったがたまに使うノコギリに結構手こずるのである。

最近は桃の木の選定作業ぐらいしかノコギリは使わないものなァ。

でもこんな木が歩行者に倒れてきたら大変なことになるのである。安全であることは必要だが、でも自然の中であることには間違いないわけで、何かに守られているわけではないので注意しつつ、国立公園を満喫して欲しい。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment