FC2ブログ
in 日本蜜蜂部隊結成

活動を始めたミツバチのお話

-0 COMMENT
2012-3-33.jpg

福寿草があちらこちらに春一番の花を咲かせます。

いよいよ春めいた陽気になり、わが家の日本ミツバチの活動も始まりました。
ハウスに植えたナバナは、食用、販売用、そして越冬したミツバチたちの御馳走として、一石三鳥なのだ。

いま花のない時期に食べる花があると今後の分蜂に大きく影響してくるのである。
2回から3回の分蜂が出来るのである。

しかしハウスの中は苛酷で、隙間に引っかかるやつ、出口を探して力尽きる奴、花につかまったまま息絶える奴、などなどちょっとかわいそうであるが、花の咲く時期までまだ時間があるからそれはそれで、花を探して力尽きるのであろうと思われる。

さて花につかまって息絶える奴はなぜだろうかと疑問に思い、色々考察してみる。
寿命で力尽きて最後は花を抱えて息絶える。
花粉アレルギーを持っている。
春とはいえ外の寒さに動けなくなってしまった。

1群だけの時は巣箱に戻してやったが、入口のところで死んでしまうものが多かった。
今年は4群となり、どこのやつかわからない、下手によその箱につれてゆくと殺されてしまうのだ。

昨日のように夕方まで暖かいときれいにいなくなっていることを考えると、今日みたいな日は寒いから動けなくなっているのではないかと考えた。

早速花につかまっている奴らを連れてきて、ストーブのそばで暖めてやる。案の定動きが素早く、元気になるものが出てきた。ついでに砂糖水を吸わせてあげる。
一所懸命吸い始める。これは腹も減っているのか。

10匹位連れてきて試してみると、半数は元気になり、腹いっぱい砂糖水を吸った後、元気に巣箱のほうへ飛んで行った。

多分、腹が減って力が出せず、寒さで眠っちゃいかんと思いつつ、眠りについて凍死するというようなことなのではないだろうか。越冬して弱った体でお花畑に飛び出すのは命がけであることが分かるのである。

私にとってミツバチは助け合う家族のようなものなのである。餌をあげて可愛がるペットというようなものではなく対等に助け合って生きている家族なのである。

何しろたくさんの仕事を手伝ってくれるのであるからなおさら、可愛くないわけがない。

冬を越したこの者たちに、砂糖水を作って元気になってもらおうとしている最中である。
ポイントはいかに喧嘩させずに食事をさせるかである。

巣箱の入り口は宜しくない。しかしうちの巣箱は中に給餌出来ない。よって、家の近くまで来てもらって、私の目の届く範囲で食事をしてもらうという事になった。

こっちのやつはここで、あっちのやつはこっちで、何か所かに分けることが望ましい。
たまに他のやつがやってきて喧嘩を始めたら、喧嘩を止めて引き離してやることだ。
ほうっておくとお互いに死ぬまでやり合う事になる。やめろやめろ、などと話しかけながら指で引き離す。
刺されないようにすることが大事だ。

こんな時はものすごい数のミツバチがやってきているから体中をミツバチたちで取り囲まれるが、絶対といっていいほど攻撃はしてこないのである。やさしくよしよし、今あげるからなどと諭すように、砂糖水を追加してあげるのがよろしい。このコミュニケーションの瞬間が実に楽しく、心が通っているなァなどと、自己満足に浸れるのである。

2012-3-32.jpg

家がすぐ分かるようにミッキーマウスの看板が表札なのだ。

最初は一匹だけでいい、捕まえて砂糖水を味見させるのだ。すると大抵の蜂は蜜を求めているからすぐに吸い始める。あとは黙って見ている。すると腹いっぱいに吸い終わると、砂糖水の入れ物の周辺を円を描くように飛び始める。これは場所を特定する匂いを撒き散らしているものと思われる。

それから数分後、戻ってくる。同じやつか、違うやつかそこまでは特定できないが、やってくる。
そう、おなじみの8の字ダンスで方角を教えてあるから、あとは匂いで場所を特定するようだ。

やがて次第に数が増えてくる。この者たちの頭の良さに感心しつつ、可愛さになでてやることもできるのである。

幾度刺されても、やっぱり可愛いのだ。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment