FC2ブログ
in 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から

雪融け

-0 COMMENT
2013-3-3.jpg

何をするでもなく、家の周りをうろついているうちに春がそこまで来ているようです。

桃の木の剪定をするために裏の畑に行ってみると、日向に黄色の花びらが天に向かって、太陽のように咲いているのでした。

何やら、黒いか影が花の周りを飛んでいる姿が目に映り、近づいてみると蜜蜂が数匹、数少ない福寿草の花の蜜を奪い合うように一生懸命集めています。寒い冬を耐え、暖かな日差しと花の香りに誘われこうして4か月振りに花を訪れ、今年も命をつないでいるのです。

寒い冬でも1月に入ると女王蜂は産卵を始めるといいます。蜜蜂の働いている姿を見ていると、命を育む春がやってきたのだなと、ただなんとなく幸せな気分のなるのでした。

さて、そんなわけで雪も解け始め、土に水がしみ込んでゆく春がやってくるわけだが、今年の冬はどうもいけない。暖かさと寒さが極端にやってくるわけで、しみ込んだ水が今頃になって水道管を凍らせてしまった。

地中で凍るものだから融かせない。今ちょうど記念品の受注に追われているときに工房の水が出なくなってしまったのである。外から水汲みをする羽目になるとはなんてことだ。

そんなことでそろそろ私も冬眠から目覚めて動きださなければいけないのだ。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment