FC2ブログ
in To Project

田代の紅白歌合戦2016 episode3

-0 COMMENT
t2016_12_21.jpg

田代の紅白歌合戦まであと4日に迫ってきました。
先日、みんなで協賛記念品をつくったり、お客さん向けのプレゼントを作ったり、それぞれの担当部門別に打ち合わせをしたりんびは整いつつあります。

そもそもこの歌合戦はカラオケを使って歌を聞かせようという、一方的押し付けを目指しているわけではありません。
歌のうまい下手は関係ないし、ましてや俺の歌を聞いてくれというようなものでもないのであります。まだ見に来てないカラオケファンの方々はここを勘違いしていらっしゃる。出ている人もまだわかっていない人がいらっしゃる。ここが私の苦悩のタネとなるわけである。

これは紅白歌合戦というショーであり、お芝居の舞台であるのです。

そこで今年から、ここにいる人たちすべてをキャストと呼ぶことにしました。

そもそも、歌い手さん、司会者、裏方、音響照明、メイクや着付け、駐車場案内、受付みんな役者さんとしての振舞、行動をプロ的に楽しもうという趣旨だったわけです。ここにいない人も田代の人々にはスライドショーという形で、ステージに出てもらっていましたし、田代全部がキャストだったわけですが、今年は宮古からくるお客さんにも、この部分を意識し、お客さんという役どころでの立ち振る舞いを行う役者であると認識していただこうということであります。ですからお客さんもキャストとなります。

12月25日、いや12月24日のリハーサルから、すでにこのショーは始まっているのであります。

シナリオは実行委員会が2か月間かけて作り上げてきました。亀岳小学校を舞台とする紅白歌合戦です。
当然そこには我々のメッセージが反映されているわでです。

いままここで、一緒にいること、一緒にできることに感謝し、いまこうして感じる幸福感を共有しよう。そしてこの町の復興と世界の平和を願おう。こんな山間の小さな地域でも、お年寄りから、小さな子供まで、一緒になって笑顔で暮らすことができるんだよ。
こころのゆたかさは人に邪魔されずに、自分たちが創り上げてゆくものなんだよ。

そんなメッセージが4時間余りのステージから感じてくれたらいいなと思います。
そして是非、それぞれの地域でも、行政主導ではなく、自分たちで動き出してほしいと思います。

0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment