FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 虫たちの出来事

夏の終わり

-0 COMMENT
2018_09_06.jpg

お盆に合わせて小菊の栽培をやっているわけで、そうです花屋さんでもあるのです。

今年はちょっと開花が遅れて、今が満開。損失はでかいが、うちのミツバチにとっては楽園だ。
うちのミツバチたちは、この春分蜂してして来てくれた蜂たちだ。
これからメロンの受粉という仕事を控えて今年もまたクマにやられてしまったのだ。
電気牧柵の購入、発注が決まってからのこと、今年は早くやってきたプーさん。
昨年俺の工房のガラスを両手でたたいて威嚇してきた奴だろう。こいつのと付き合いは長い。
お互いに脅しあいの日々だ。

で、その壊れた巣箱と、残った蜂たちを回収し、家に連れ帰って何とか育てたわけなのだ。
箱と巣をめちゃくちゃにしても、意外に女王バチは生きながらえるわけで、必死で守るのだろう。
それから巣箱を直し、砂糖水でしのぎ、回復を待つ。
ちょうど外のメロンやスイカが開花のころ、しっかりと作業を手伝ってくれたのだ。おかげでメロンは大豊作、大型で糖度のあるメロンが採れたのである。

働きバチの数も増え、今は畑の小菊に蜜と花粉を集めにやってくる毎日。すぐ目の前だしね。

2018_09_08.jpg

2018_09_13.jpg


ついでに、今人気の小菊はこちら。シートピアなあどで好評発売中。

2018_09_07.jpg

近くにセリの生えてる田んぼがあって、こんな蝶の羽化も見ることができる。ビニールハウスのひもで羽化するのだ。

2018_09_11.jpg

そして、春にハウスの中で生まれ、メロンの定植に合わせ、それぞれがメロンを害虫から守ってくれているのが、うちのカマキリたち。今はこんなに大きくなりました。ちょっとショッキングな写真ですが、葉を食い荒らす害虫を退治してくれるのだ。

2018_09_10.jpg

そして懲りないやつがまたやってきた。桃の木とプルーンの木は電気牧柵で何とか守ったのだが、今度はトンネルからはみ出したスイカを食べ始めた。
大きなスイカを運んでどこかへもっていってしまうのだ。この残ったスイカも次の日はどこかへ持っていってしまった。
両手で抱えて、二本足で歩いて持ってくんだろうか。まったく参ったやつだ。こいつに比べたらハクビシンなどかわいいものだ。

2018_09_12.jpg







0
  • Share

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。