2017 夏野菜発進
t2017_02_23.jpg

今、栽培中の葉物野菜です。
直売所メインだとどうしても、大量にものをさばけません。
そこで、ミックス栽培(少量多品目)になるわけですが、この場合注意しなければいけないのが、病害虫の防除なのだ。
冬場は基本農薬などは使わなくてもほぼ栽培可能なので、使うことはないのですが、べと病に弱いホウレンソウとかハウス栽培のため、たまにアブラムシが発生することがある。
この辺を考慮して、もし何か出た時に、同じ薬が使える野菜にまとめる必要があるのだ。また、収穫までの期間もそろえる必要があるのだ。

このハウスでは4種類の葉物野菜を混植している。同一のものを作るよりはより自然界に近い形で、連作障害も起きにくいのかも。

季節的にはいよいよ夏野菜の播種が始まる季節。

今年の夏野菜は昨年よりさらに品種が増える予定。

まずはスティックブロッコリー、そしてトマト(桃太郎ゴールド)、今年のトマトは9種類。
25度で温度管理し発芽をそろえる。そこからスタートなのだ。

【2017/03/01 09:43】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2017の田代から
t2017_02_14.jpg

毎週のように雪が降る田代から。

紅白歌合戦も終わり、もろもろの処理と、その後冬の産直まつり、そして新年と年度末の行事がこの農閑期にやってきます。
本日スギ花粉がやってきました。

写真は地元のメンバーによる市道の除雪作業。市からの委託で道路除雪に日夜頑張っております。
私は会計のほうが担当なのでその苦労はわかりかねますが、雪の降る深夜の作業、それはもう、ほんとにありがたいことだと感謝しております。

何事も自分たちの地域は自分たちが守る。楽しいことも大変なこともみんなでね。

田代も光通信にいまさらながらなるらしい。
昨年の計画だったようだが、やっぱりこういう地域は何かあると後回しになるようだ。でもまあいいか。

昨年の台風被害もあり、これからの課題も多いが、まあみんなで協力していい方向にもっていくしかないのである。

さて、今年は新たに面白いことをやるプロジェクトチーム作りを計画中。私の頭の中ではね。





【2017/02/13 11:27】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
亀ヶ森の一本桜情報2016.05.07
t2016_05_07.jpg

お待たせしました。亀ヶ森の一本桜、昨日より満開です。
先ほど早朝より、行ってきました。現在の状況はこちら。

花弁はまだ散り始めていませんので、今日明日が見ごろでしょう。

t2016_05_09.jpg

赤い葉が出始めましたので、早めに行くことをお勧めします。

t2016_05_10.jpg

今朝、レナとともに軽トラで山頂へ、誰もいませんでした。
今日は一本桜を独り占めで、堪能。鳥の声と桜と牧野の風景に感動です。一時間くらい写真を撮って、まだ誰も来ません。

こんな贅沢な時間ってあるんですね。ここは私にとってのパワースポットです。

t2016_05_08.jpg

又来るから、頑張って生き続けてくれと言葉をかけ、この場を後にする。そのとき一人の男性が下りてきた。朝早く出てきたのだという。誰もいないし最高ですよと言葉を交わしすれ違う。

t2016_05_12.jpg

浴びるほどの、桜の花びらを堪能するならぜひ行くべし。

心地よさに感動します。

t2016_05_11.jpg
【2016/05/07 08:53】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
亀ヶ森の一本桜情報2016.5.2
t2016_05_02.jpg

お待たせしました。
この時期は農作業に追われる日々で、時間が取れません。

それでは本日5月2日、午後6時現在の桜の状況です。
地面についた枝には花が咲き始めています。
5、6輪咲くと開花宣言ということらしいですが、何輪だったかはっきりしません。
ですが、わたくし勝手に開花宣言しちゃいます。

地面よりのほうが暖かいためか、下のほうに集中しています。

t2016_05_03.jpg

上のほうはこんな感じで、こちらももうすぐ咲くでしょう。

t2016_05_04.jpg

全体的には

t2016_05_05.jpg

ゴールデンウイーク中にどこまで開花するかわかりませんが、雨が降ったり、寒くなったりで、今年はゆっくり進んでいるようです。
とにかく、明日からは間違いなく咲き始めますよ。

そして田代に来たら、鍛治ヶ沢の直売所で山菜や私の作る豆腐ドーナツ売ってますのでよろしくお願いします。




【2016/05/02 19:13】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
亀ヶ森の一本桜情報 2016.4.26
t2016_04_27.jpg

今日4月26日夕現在の亀ヶ森の一本桜のつぼみの状況です。

今年も早そうですね。このまま暖かければ、ゴールデンウィーク中には咲くでしょうね。

先日の岩手日報に桜の記事が出てましたが見たでしょうか?

でこんな状態であります。

t2016_04_28.jpg

大きく張り出ていた枝が地面についております。どうも昨年秋にはこのようになっていたとの話も。

さて原因は何でしょうか。

t2016_04_29.jpg

この穴は一本桜に空いている穴。老木ですから芯が腐っていたのですが、この穴にミツバチが巣をつくったようです。
こんな寒い海抜1000メーターの山にミツバチが住んでいることに驚きです。
さて、この穴をよく見るとひっかいたような爪痕が見えると思います。
そう、森の熊さんはハチミツが大好き、早速このハチミツをいただこうとのぼったようです。
でもなかなか手が入りませんから、木をこじ開けようと桜の木の皮をはがし始めたのであります。

t2016_04_31.jpg


ちなみにこんなに皮をはがされたら、この上の枝もかなりやばい状態ではないかと。

それでも食べられないことに腹を立て、熊は幹を割ってしまうことを考えついたようです。
体重のある熊ですから、張り出た枝にぶら下がれば割れて蜜が食べられると考えたのでしょう。
※ これは単に私の仮説にすぎません。

t2016_04_30.jpg

これは桜にとっては悲劇です。でもこれが大自然の営みです。ミツバチはクマに襲われないで、冬を越せる場所を探します。
熊は冬を越すために、おなか一杯に食べなければならないのです。

でも安心してください。以前の姿は見られなくなりましたが、今年は下がった枝にも花が咲きます。
市とJAでは桜に元気をもらおうと訪れる方々のために、区画をして開花の時期だけ解放します。

来年はどうなるかわからない、それでも懸命に生きようとする一本桜の姿をぜひご覧いただきたいと思います。

t2016_04_32.jpg
【2016/04/26 18:58】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ