亀ケ森一本桜 2017
亀ケ森の一本桜2017年5月9日 2日間の強風に耐え花を咲かせています。
今日までが見ごろか。

t2017_05_09.jpg

t2017_05_10.jpg

t2017_05_11.jpg

t2017_05_12.jpg
【2017/05/09 09:00】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
運命の出会い
t2017_03_19.jpg

運命の出会い

昨年8月愛犬のレナがこの世を去った。12歳の夏だった。
それから3か月、いつも行っている知り合いのラーメン屋さんに行った時の事だった。
お店を手伝っているIさんが、生まれたばかりの子犬を連れてきていた。

とっても小さなシーズー犬だった。まだ悲しみから立ち直れない状況の中、この子を手渡された。
それが運命の出会いだった。

まだとても飼うことができない心境のなかで、いつか心が癒えたころあげるからその時は連絡してといわれた。

それから5か月が過ぎたころ、ラーメン屋さんでまた子供が生まれたからどうかとうちの母に話があったらしい。

それじゃ2か月くらいたったら連れてこようかとそんな話をしていた。

t2017_03_20.jpg

畑の草取りデビュー。うちに来るとやっぱりこうなるよな。 室内犬のはずが一日で真っ黒になってしまうのでした。
【2017/03/18 18:21】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国民休暇村にて
t2017_03_11.jpg

3月11日 震災から6年がたった。

あの時よりはまだまだ寒い宮古です。

この日、姉ヶ崎のフィールドハウスの清掃と遊歩道の整備が行われた。
パークボランティア(詳しくはこちら)の定例的に行っている活動である。

こういった国立公園の清掃や遊歩道の雑草や倒木処理、整備などやビジターセンターのイベントサポート、年間で24回くらいの活動を行っている。

t2017_03_12.jpg


私は、仕事の関係もあってなかなか参加できないことが多い。
しかしながら、国立公園を持つ恵まれた大自然の中で、こういう活動に携わる人たちと、ともに活動できる時間はとても貴重であり、自分たちの置かれている環境を見つめるいい機会にもなるのである。

先日、盛岡劇場で「あの都市の盛岡2011」を観劇してきた。

劇団モリオカ市民 公演である。

私にも出演の要請があったが、仕事の都合でお断りした。入場券はいただいたので妻と盛岡劇場へ。

盛岡の人たちから見た3.11、麦の会メンバーが演じる宮古の3.11、中々興味深く、舞台照明の使い方うまいなァ。

3時間近い芝居だったが、大変楽しませていただきました。あれで終わるのはもったいないなァ。
今度麦の会で集まりがあるので、裏話を肴に盛り上がれるぞ。
【2017/03/14 11:13】 | PV活動へ行ってきます。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2017 夏野菜発進
t2017_02_23.jpg

今、栽培中の葉物野菜です。
直売所メインだとどうしても、大量にものをさばけません。
そこで、ミックス栽培(少量多品目)になるわけですが、この場合注意しなければいけないのが、病害虫の防除なのだ。
冬場は基本農薬などは使わなくてもほぼ栽培可能なので、使うことはないのですが、べと病に弱いホウレンソウとかハウス栽培のため、たまにアブラムシが発生することがある。
この辺を考慮して、もし何か出た時に、同じ薬が使える野菜にまとめる必要があるのだ。また、収穫までの期間もそろえる必要があるのだ。

このハウスでは4種類の葉物野菜を混植している。同一のものを作るよりはより自然界に近い形で、連作障害も起きにくいのかも。

季節的にはいよいよ夏野菜の播種が始まる季節。

今年の夏野菜は昨年よりさらに品種が増える予定。

まずはスティックブロッコリー、そしてトマト(桃太郎ゴールド)、今年のトマトは9種類。
25度で温度管理し発芽をそろえる。そこからスタートなのだ。

【2017/03/01 09:43】 | 唐臼の郷 鍛冶ヶ沢から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豆腐ドーナツに求めるもの
t2017_02_22.jpg

バレンタインデー向け、チョコレートドーナツ。もちろん生地は豆腐と豆乳と小麦粉です。

チョコレートはカカオバリーのパータグラッセを使用。私こだわりの限定生産ドーナツであるが、とうふドーナツが売れて、最後まで残るのがチョコレートのドーナツである。味は最高だと思うのであるが、とうふドーナツの求めるものはやっぱりヘルシー的なものなのだ。

最近苦戦を強いられるのが、原料の豆腐作りである。濃度の高い豆乳を作るために、水を抑え煮ることで釜に焦げ付く。
しかしこの濃い豆乳でつくる寄せ豆腐は格別な甘みと大豆のあじを出してくれる。
この寄せ豆腐と豆乳を混ぜてドーナツの原料とするのだ。だったらそのまま豆乳だけでつくればと思うのだが、味や食感が違ったものになる。ひと手間もふた手間もかけたドーナツなのだ。

先日まで使っていた大豆はナンブシロメとリュウホウのミックス。現在はリュウホウのみでつくった豆腐である。
リュウホウはエグミが少なく、甘い豆腐に仕上がる。一度この寄せ豆腐を食べてみれば市販の豆腐との違いがわかるはずである。

一度豆腐にすることで、大豆成分のほかににがりの成分であるマグネシウムなども含まれることになる。油で揚げてはいるものの、他の揚げ物から見たら健康的なのかもしれない。
ちなみに、アメリカでは使用規制がかかっているトランス脂肪酸含有のショートニング、詳しい説明は置いといて、日本では摂取量が少ないということで普通に使われております。おいしく、食感もいいことから食べ過ぎなければ問題はないようだが、そんなことで普通に私もそんなお菓子を食べていますが、出す側となると、気を使います。

ということで、価格は高くなりますが、この油にもこだわって、トランス脂肪酸フリーのショートニングを使用しております。

何気なくフードパックに入れて売っている産直ドーナツなのですが、実はとっても高級な?材料とこだわりの製法で、仕上げた逸品なのである。 

冷凍保存することで日持ちします。食べるときは自然解凍で、柔らかくなります。夏場はひんやりしておいしいです。
但し、しっかりとジップロックなどチャック付きの袋で、冷凍庫の匂いがつかないように密封してください。
【2017/02/22 10:39】 | 玉響 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ